バイキング!ダイエットにはGI値?正月太り対策!お雑煮・お餅・おせちの太りにくい食べ方!

スポンサーリンク

2015年12月22日のバイキング!では正月太りの対策として太りにくい食べ方やGI値についてやっていました。

カロリーよりもGI値に注目する方がいいとのこと、お餅は要注意!

太りにくいお雑煮とは?

スポンサーリンク

GI値に注目!お雑煮の太りにくい食べ方とは?

太りにくい食事にはGI値に注目!

GI値とは食後血糖値の上昇度を表したものです。

カロリーを気にするよりもこのGI値を気にするほうが太りにくくなるそうです。

ですがGI値はカロリーと違ってどこにも表示がされていません。メモしてどこかに貼っておくといいかもしれませんね。

低GI食品(55以下)…えのき茸(29)、いくら(45)

中GI食品(55~70)…かぼちゃ(65)、そば(59)

高GI食品(70以上)…にんじん(80)、白米(84)

他にもGI値について書いた記事がありますので参考にしてみてください→バイキング!糖質制限ダイエットいくら食べても太りにくい食事にはGI値を見ればいい!大豆ミートハンバーグの作り方!

あなたのためのセレクトレシピ 低GIごはんが血糖値を下げる (生活実用シリーズ)

低GIレシピ―慈恵医大葛飾医療センター栄養部が推奨する

太りにくいお雑煮の食べ方

お餅は高GI食品です。なので普通に食べると太りやすいものになってしまいます。

そこを具材により工夫にすることができます。

・お餅を固めにする

柔らかく溶けだしたお餅だと血糖値の吸収が上がってしまいます。なので固めのお餅にすることで抑えることができます。

・とろろを入れる

とろろを入れることにより血糖値の上がりがゆるやかになり、インスリンの分泌をおさえてくれます。

他にもネバネバ食材を利用するといいそうです。

糖質を包み消化吸収をおさえてくれます。

オクラ・メカブ・ナメコなどいれてみてください。

・カブを入れる

カブには食物繊維がたくさん入っていて、血糖値を抑える働きがあります。

・鶏もも肉を入れる

カロリーはありますが、GI値が低い食品です。

・ネギを入れる

炭水化物の代謝を高める働きがあります。

こういったものを入れることでGI値の上昇を抑えてくれます。高GIのお餅も低GIのお雑煮に変えられるんですね。

そして、お雑煮を食べるタイミングも重要です。

昼時に近い遅めの時間帯に食べるのがいいそうです。なので残念ながら朝ごはんには適しません。

朝には低GIのものをとるように心がけてください。そして昼食や夕食に高GIのお雑煮を食べるようにしましょう。

それだけで血糖値の上昇がかわりますよ。

太りやすい&太りにくいお餅の食べ合わせ

焼きもちもたくさん食べると思います。が、何をつけて食べますか?その食べ合わせ方でも色々かわってくるんです。

太りやすいもの→あんこ、きな粉

☆これは高GIに高GI食品を合わせているので太りやすいものになってしまいます。

太りにくいもの→海苔(磯辺焼き)、大根おろし

☆どちらも食物繊維があり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

おせち料理、何から食べたら太りにくい?

a0790_000715

食べ方の順番を意識します。

素材の栄養は何が入っているのかを考えてください。

①食物繊維…竹の子煮・しいたけの含め煮・なますなど

②タンパク質…さわらの西京焼き・八幡巻き・数の子

③糖質…栗きんとん・黒豆・伊達巻き

この順で食べ進めていきましょう。

血糖値の吸収を抑える調味料とは?

血糖値の吸収を抑えてくれるものがおせち料理にあります。

それがなますに含まれるお酢です。

お酢には酢酸やクエン酸が入っていてこれが血糖値を下げてくれるんです。

なますにはニンジンが入っているので高GIなんじゃないか?と思ってしまいますが、お酢が入っていることで低GI食品になります。

最後に

お酢はいいんですね。高GIの食品を食べるときも調味料に少し酢をいれることでまた違うかもしれません。

これからお正月にむけ飲み会も増えますし、こういうものに気を付けてのりこえていきましょう^^;

スポンサーリンク

シェアする

フォローする