サタデープラス!正月太らないためズボラダイエット3つ!入浴前にコーヒー!生芋こんにゃくでお雑煮を食べる!茶節を食べる!

スポンサーリンク

2015年12月26日放送のサタデープラス!ではこれからお正月にむけて役立つ正月太りを回避するダイエット法を紹介していました。

正月太りで増加する平均体重…2kgだそうです^^;

年末年始、お餅は食べるし夜中にそばは食べるしおせちを食べるわ、カニ…豪華なものがならぶ季節です。

よって誰もが経験する正月太りですけど、これを予防することだってできます!

名医が実践するズボラダイエットとは?

スポンサーリンク

ズボラダイエットで正月太りを回避する!3つの方法

a0790_000713

①入浴前にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインをとることで体内の脂肪を分解する酵素、リパーゼというものが活性化するそうです。

これは体温が上がるとより効果的に働きます。

なので入浴前にカフェインを摂取することが必要なんですね。

*コーヒーを飲むタイミングと注意*

入浴30分前にコーヒーを飲みます。

このとき、アイスコーヒーは避けてください。体温を下げてしまいます。なのでホットコーヒーで!

ダイエットなのでやはり砂糖やミルクはひかえましょう。

②生芋こんにゃくを食べる

生芋こんにゃくって知っていますか?

日比野ドクターは普通の一般的なこんにゃくではなくあえて少しカロリーの高い生芋こんにゃくを食べているんだそうです。

このこんにゃくよく見ればスーパーのこんにゃく売り場にもうっています。いつも意識していなかったのであまり知らなかったんですけど…

これは何が普通のこんにゃくと違うかというと、中の栄養分が違います。

普通のものは皮をむいたこんにゃく芋から作られているのに対し、この生芋こんにゃくは皮ごと使用しているため栄養が豊富に含まれています。

そして日比野ドクターがおススメするポイントはセラミドが豊富なところ。

セラミドは皮膚の角質層に存在する資質で肌を守り水分の保湿を担う役割があります。肌のバリアにかかせないセラミドですが、これが生芋こんにゃくには多く含まれているんです。

まさにセラミドの王様!

例えば大豆と比べても9倍も含まれていて、ブロッコリーの7倍などあらゆる食材よりも多いんです。

そして普通のこんにゃくと比べてみると…5倍も多く含まれていました。やはり皮には栄養がつまっているんですね。

普通に痩せるだけでなく、美しく痩せられるのが生芋こんにゃくなんですね。

*おすすめダイエットお雑煮*

お餅は半分にし、その替わりに生芋こんにゃくをいれます。

それだけでセラミドの多く含まれるヘルシーお雑煮になりますよ。

そのうえ京風にし、白味噌で作ると乳酸菌とセラミドの組み合わせにより美肌効果が上がります。

*食後にタオル一枚でエクササイズ*

食後に新陳代謝をあげるエクササイズをしましょう。

タオルを1枚用意します。

両わきの下にしっかり挟み込み、肩甲骨に食い込むような感じです。

そのままランニングするイメージで両わきをふるだけです。

上半身を左右にスイングさせ交互に5回ずつ、合計1日に5セットすればOK

☆風呂上がりが効果的!体をふくついでに行うといいとのことでした。

体調に合わせて無理のない範囲で行いましょう。

③肝臓を温めるだけダイエット

肝臓は基礎代謝で消費するエネルギーが一番多い場所です。

なので肝臓を温めることで代謝をあげ、基礎代謝をうながせば痩せられるということなんだそう。

*肝臓をカイロで温める*

外側から肝臓を温めることで血流が増し、代謝がアップします。

なので肝臓のあたりの服の上から貼るカイロをはっておくだけでOKです。

*かつお節大量の味噌汁、茶節をたべる*

茶節を食べることがオススメなんだとか。

作り方は合わせ味噌とかつお節をお椀に入れ、緑茶を注ぐだけです。

味噌は大さじ1が適量です。

味噌を食べると肝臓と体内の脂肪化を防ぐ成分があり、肥満予防につながるそうです。

さらに緑茶のカテキンも血糖値を抑えこちらも肥満予防になります。

そしてかつお節には満腹中枢を刺激し過食を抑える働きがあります。

*食後にごろ寝をする*

食後のごろ寝ってびっくりしちゃいますが…ただ、ごろ寝をするだけじゃダメです。やっぱり。注意事項をまもりましょう^^

・頭と足を20~30センチ程高くします。

・食後のごろ寝は10~15分以内。30分以上は逆効果になるので要注意!寝すぎると糖が脂肪として蓄積されやすくなってしまいます!

最後に

お正月はおいしいものが食べられて楽しみな反面、太るのもこわい時期ですね。

くれぐれもお餅の食べ過ぎには注意して、こんにゃく食べましょう。茶節も飲みましょう。意識して肥満予防につとめていたら正月太りも怖くないはず!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする