ヒロミDIY!ゆいPの部屋を賃貸なのにブリティッシュカントリースタイルに変える!

スポンサーリンク

2016年1月4日の有吉ゼミでは、ヒロミさんのDIYがやっていました。ゆいPさんの殺風景な部屋をイギリスのブリティッシュカントリーにしちゃいます。

なんといってもゆいPの部屋は賃貸、今回はまた復元できることが前提のDIYです!賃貸にお住みの方には参考になるはず^^

お姫様が住むような可愛らしい女の子らしい部屋を賃貸で作っちゃいましょう。

スポンサーリンク

ヒロミ流!賃貸をブリティッシュカントリーに変身させる技

ちゃぶ台を重厚感のあるテーブルに!

まずとりかかるのはシンプルなちゃぶ台を重厚感があるオシャレなテーブルにしちゃいます。

①ちゃぶ台を裏返し、脚のネジを外します。ここでの便利グッズがマグトレー。プラスチックの皿に磁石がついていてネジがはりついてくれるのでなくす心配はなし!

②ヨーロピアンな脚材を用意します。ホームセンターに売っています。好みなものを探してくださいね。

まず水性のチョコレート色の濃いめの塗料を塗ります。一定方向に塗るとムラになりにくいです。

脚、天板の裏にも塗りましょう。

③ジョイント金具に脚材を取り付けます。

④グルーガンの樹脂をシリコン製の型に流し込み、固めます。どちらも手芸用品店で手に入ります。

固めたら木工用接着剤で木材に貼ってから上からペイントしましょう。アンティーク家具のレリーフ風になります。

⑤レリーフをつけた板をテーブルに固定し、ビス穴もペンキを塗って隠せば完成です!

シンプルなイスをブリティッシュカントリー風に!

①硬めと柔らかめの硬さの異なる2種類のウレタンシートを用意します。座面の大きさに合わせてカットします。

②イスの座面を取り外し2種類のウレタンシートをのせ、上から花柄のかわいい生地をかぶせます。

タッカーという建築用ホチキスで生地と座面を固定します。

④イスにさきほどのチョコレート色の塗料を塗れば完成です。

ヘリンボーンのクッションフロアで床がオシャレになる!

イギリスでよく見かけるというのがヘリンボーンという柄の床なんだそうです。こちらのサイトは1m単位で売られています。→クッションフロア  ヘリンボーン
①何度も張り替えができるクッションフロア用の両面テープ を床に貼ります。その上からクッションフロアを貼り付けます。少しはみ出るようにつけ、端をコーナーカッターで切りましょう。

ジョイントローラーでシートをおさえてしっかりと貼り付けます。

窓にステンドグラスシートを貼ろう!コツは洗剤を使うこと

こういったステンドグラス風のシート、ネットで色々売っています。簡単に水で貼り付けられるんです。かわいいですよね。

種類も色々あるので自分の好みのものを探してみてください^^→ステンドグラス風の窓飾りシート ウィンドウフィルム 

①スプレー容器に水と台所用洗剤を2プッシュくらいいれます。

②窓に吹きかけシートを貼ります。洗剤のおかげでシールの滑りがよくなり、失敗することもありませんよ。

③ヘラで空気を抜いて完成です。乾けばぴったりと貼りつきます。

カラボで暖炉風のテレビ台が作れる!?

こういった長細いタイプのカラーボックスを用意します。6段が一つと3段が2つです。

①3段のタイプに合わせて切った板を用意します。これが扉になります。その板に棒状の木材を接着剤で貼り付け、乾くまで大きなクリップで固定します。

②テーブル同様、チョコレート色の塗料を塗り、カラボに蝶番で固定させ飾り扉にします。もう一つのカラボも同様に扉を作ります。

③6段のカラボを4段でカットします!4段にカットしたら棚板をネジで固定します。

④大・中・小と大きさのことなる板を用意します。これは後々3段カラボの上にわたしてとりつけ、暖炉風になっていきます。

この板にチョコレート色の塗料を塗り、トリマーで端をけずりアンティーク風にします。最後に塗料を塗るのを忘れずに。

⑤一番小さい板を3段カラボの上に這わせ、ネジで固定します。次に4段に縮めたカラボを固定、そのうえに中くらいの板をのせ、大きい板を一番上になるようにします。

⑥4段ボックスが空洞なので、扉になるように板を用意します。この板に先ほどと同じくグルーガンでレリーフを貼り、チョコレート色の塗料を塗りましょう。

⑦下の3段ボックスの裏が壁になるような大きな板を用意します。チョコレートの塗料を塗ります。ここにレンガ風のカッティングシートを貼ります。

これで簡単に暖炉風になります^^

⑧レンガが表から見えるように後ろから板を固定させれば完成です!

あとはテレビのスタンドを取り外し、壁掛け用のスタンドをレンガの壁に貼り付け、テレビを固定すれば立派なテレビ台に!このスタンドはテレビにより異なるのでご自宅のテレビでできるかきちんと調べてとりつけましょう。

コンセントをつなげるために丸く穴をあけるにはホルソーがあれば簡単です。電動ドリルに取り付けて使えます。

空いたスペースに可動式収納ボックスをつくる

カットして余っているカラボがありますよね。そのカラボで収納ボックス作ります。

①テレビの下のデッドスペースに合わせてカラボをカットします。棚板をネジで固定し、一つの収納ボックスにします。

②キャスターをとりつけ、可動式にします。

③軽量のレンガのブリックタイルというものを飾りにつけます。専用の接着剤で貼り付けられます。これでもっと暖炉らしくなります!

④ボックスの上に板を置き、取っ手を付ければフタの完成です。

賃貸でも壁紙を貼れる!花柄でブリティッシュ風に


花柄の壁紙を貼りましょう。賃貸向けのはがせるノリを使えば貼れちゃうんです。→ 貼ってはがせる壁紙 rasch 

①はがせるノリを塗り、壁紙を貼ります。余分なところはカッターでキレイに切り落とします。

②今度はトリムボーダーという細長い壁紙を使います。下の壁紙より大きめの花柄をヒロミさんは選んでいましたね。
天井のきわの部分にまたノリを塗って、貼れば完成です。

ちなみにトリムボーダーは部屋全体にぐるっとはっていましたが、下の壁紙は部屋の壁一面だけに貼っていました。

そうすると部屋全体に花柄よりかはクドくならなくていいですね。

最後に

あとは照明をシャンデリアに変えたり、観葉植物を置いたり、カーテンも花柄に変えたり…としていましたね。これでかわいいブリティッシュカントリーになりました!

それでも10万かかっていないんだから驚きです。

賃貸でもこれだけの完成度で部屋作りができるのは夢がありますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする