あさイチ、スーパー主婦から教わる片付け!家事疲れの原因はものが溢れているから!?

スポンサーリンク

2015年5月20日放送のあさイチではお馴染みの友の会のスーパー主婦の方々から片付け術を教わるというテーマでした。

習慣になってしまうとつい使い勝手が悪くてもそのままで過ごしてしまいます。

ですが、それが家事疲れの原因です。

家族も片付けに協力してくれない…そう悩むママたちは多いはずです。

それってそもそも片付ける場が無いからではありませんか?

「おいてあるダケ」「しまってあるダケ」「もっているダケ」

そんなキノコたちが部屋中増殖しているから片づけはうまくいかないんです。

自分にも家族にも気持ちよく生活するために、手伝ってもらうために、みんなこれらを分類して片づけしてしまいましょう。

スポンサーリンク

家事疲れは片付いていないから

50bd232cd1ef8f1e261e8bf7da221338_s

番組内で家事疲れに悩む主婦の方のお宅ではトースターなども床にそのままだされた状態で使用していました。

そうすると一々しゃがんだり立ったりという繰り返しでパンを焼くことになります。

それだけで相当疲れちゃいますよね。

ただ習慣化してしまうとその疲れの原因もわからなくなってしまいます。

使い勝手をよくするだけでその日の家事の負担が激減するのです。

「おいてあるダケ」「しまってあるダケ」「もっているダケ」

物が多く、使っていないというものってたくさんあると思います。

この「あるダケ」キノコたちを退治すれば片付けはうまくいく、かもしれません!増殖する前に片してしまいましょ。

あるダケと使うものを分類していくことから始めよう!

まず、分類していきます。

この4つのものにとりあえず分類していきましょう。

”大活躍”

毎日使うものは当然いりますよね。

そういった絶対に使うものから分類していきましょう。

例えばトースターなどは使いやすい位置に置き、朝食で使うコーヒーやお茶のパックなどはひとまとめにしてカゴにいれてしまいます。

取り出しやすい棚にしまえばいつでも出して選んで片付けられます。

”スタンバイ”

毎日ではないけれど必ずいるものがスタンバイです。

乾物やポリ袋などの消耗品のストック、来客時に使うお茶のセットなど毎日は使いません。

でも絶対にいるものですよね。

そういったたまにしか使わないものも生活には必要です。

これらは捨てずに整理していきます。

もし、眠っていたものも使えそうならばきちんと取り出しやすい位置におき、使っていくようにしましょう。

”あるダケ”

あるだけで使っていないものたち、家の中に散乱していませんか?

あるダケ、持っているダケ、おいているダケ、しまっているダケ…

スペースがあるとどんどん増えていくものです。

使っていけるものがあれば、スタンバイに昇格してもかまいませんが、大半はそうではないのではないでしょうか?

”不用品”

使っていないものですよね。

絶対に使わない、今後も使用する目的もないようなもの、貯めこんでいてもしかたありません。

ここは潔く処分やリサイクルにまわしてみましょう。

このようにまず、分類してしまいます。

でも判断に迷うようなものはでてくると思います。

そういったものはすべて「あるダケ」に分類!なにも考えずあるダケにいれてしまってから、じゃ、これはどうすればいいんだろうと考えていきましょう。

一気にしようとせず、「あるダケ」という意識をもつことが大事です。

あるダケなら意味がないわと納得できれば捨てることもできます

分類してしまえばあとは空いているスペースに「大活躍」と「スタンバイ」を入れていくだけです。

スッキリした生活を体験すれば、次からはあるダケというものの意識がかわります。

なので余計なものも増えないのではないでしょうか?

まず、「あるダケ」ボックスを作ってリビングのすみにでも置いてみる…捨てるかどうかも後回しで生活してはどうでしょう?

こういうかわいいボックスならリビングにおいていても可愛いインテリアになってくれそう。フタつきなのが生活感がでないポイント^^

袋のたたみ方の提案!レジ袋と紙袋は容量を決めて

溢れかえりがちなレジ袋ってどうしてます?

スーパー主婦の提案は持つ量を決めてしまうことでした。

ここで便利なレジ袋のたたみ方の紹介です!

たてに4等分→持ち手を内側にして4つ折りにします。

image (4)

image (3)

そうすると袋の大きさが違うことが見ただけわかるので使いやすいです。

箱の大きさは幅10cm前後のもの、長さは適量に合わせてください。

image (2)

紙袋の場合は、まずヒモは袋の中にしまいます。

半分に折り、底の部分を中にいれこんでたたんでしまいます。

image

あとは畳んだものをまた大きな紙袋などにまとめて入れてしまえば収納できます。

*適量を考える…使う頻度や量で
*枠を作る…棚・箱などで

この2つが大事です。

自分にあった適量をみつけて、枠よりはみでないように生活しましょう。

それより溢れるほどは持たない!それが決まればもう増えません。

楽天では便利でオシャレなレジストッカーもあります。こういうのならオシャレだし邪魔にならないし、容量もあって便利そうレジ袋収納 レジ袋ストッカー 

最後に

あるダケのもの、自分の必要な容量からはみでないことが大事なんですね。

まず分類、枠ぎめ、増やさない…それができれば少し部屋の片づけがすすむ かもしれません!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする