得する人損する人 小松菜をおいしく栽培するには寒じめ栽培するとさらに甘く育つ!

スポンサーリンク

2016年1月21日の得する人損する人では小松菜栽培についてやっていました。

小松菜をこの冬さらに甘く育てる方法があるそうです。室内で育てるよりもぐんと糖度がましますよ。

スポンサーリンク

小松菜の糖度をあげるために寒じめ栽培しよう!

a0027_001325

やり方は簡単。小松菜がしっかり育ち収穫できる時期にきたら室内置きのプランターを外にだしましょう。

冬の寒い空気にわざと触れさせておくことで甘みを増加させるのが寒じめ栽培なんです。

小松菜やほうれん草などの葉物野菜にこの栽培法が使えます。

葉っぱが凍らないように糖分をため、ずっと甘みが増すといいます。

なので収穫前の10日から2週間程度ベランダや庭にだしましょう。その間の水やりは必要ないんです!

これであまーい小松菜が食べられます^^

収穫のポイント

①土に埋もれた部分をハサミで切るとバラバラにならず収穫できます。

②光合成をした後の夕方以降に収穫するとおいしいものがとれますよ。

収穫まで60日 「小松菜」栽培セット 種・土・鉢底石・プランターの4点セット 家庭菜園

深町貴子のECOガーデン ベランダでもっともっとすずなり野菜

最後に

プランターでも立派な小松菜育てられるんですね。

寒さに強い野菜なので冬に育てられるのもいいですし。ただ室内に置いておく時には子供に荒らされない環境づくりが必要かもしれませんけどね^^;

スポンサーリンク

シェアする

フォローする