ノンストップ!ミニマリストのブログサイトや本はどれ?モノを減らす、最小限に暮らすという考え方。

スポンサーリンク

2016年1月29日ノンストップ!では”ミニマリスト”について金曜サミットでとりあげられていました。

このミニマリストという言葉が大変話題で去年の流行語大賞にノミネートされました。

ミニマリストとは最小限にモノを減らして暮らすという考え方です。これを取り入れるのは一人暮らしの若い方だけではないんです。主婦の方も多くいらっしゃいます。

そんな方々のブログや番組で紹介された書籍についてまとめました。

見ているだけでモノを捨てたくなりますよ。本当!

スポンサーリンク

ミニマリストたちのブログ・書籍はこれ

3f887c35babf6efa7ee237ab7ba03102_s

17万部!?流行書籍

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –

番組冒頭で紹介されたこちらの本、なんと17万部も発行されています。Amazonでもベスト1位になったそう。

ブログサイトでやる気UP

私も以前から見ているブログがでてきてテンションあがってしまったのですが…^^;

こういったブログサイトを見ているだけでモノを捨てたい衝動になるんですよ。なかなかモノが捨てられない方はここからのぞいてみてはいかがでしょう?

「持たない暮らし、使い切る暮らし ”それ、いらない”」

管理人:ちゅらさん

家族構成:4人家族

http://www.setuyaku-life.net/

こちらのサイト私も大好きでちょくちょく見ています。こんなに人間モノがなくて生活できるのか!と衝撃をうけたサイトです。

2LDKの賃貸に4人家族で住んでいる主婦さんのブログです。

片付けだけではなく、お金がでていかない仕組み、貯める仕組みやおすすめの洋服や雑貨も紹介されていてすごくためになります。

例えば洋服は年間通してケースに入る15着だけと決めていたり、子供服も自分たちの生活に合わせて量を決めているようですよ。

また記事が増えていたのであとでこっそり見に行きたいと思います^^

それ、いらない。 ちゅらさんの持たない暮らし、使い切る暮らし

持たない暮らし~ミニマム生活。

管理人:小豆さん

家族構成:4人家族

http://watasinokurasi.hatenablog.com/

必要なモノだけに囲まれた暮らしは、めんどくさがりな私にぴったり(*^-^*)

とプロフィールで紹介されいます。

持たないということでお金をかけない暮らし方のヒントになるような記事も色々掲載されています。

子供たちにもやり方を教え、あとは自主的にいるもの、いらないものとモノを最小限におさえているそうです。余計なおねだりもなくなったといいます。

-自在空間-

管理人:さくらいひかるさん

家族構成:2人家族

http://hikaru-sakura-saku.hatenablog.com/

この方が番組内でご自宅を紹介されていた方です。

昔はモノを集めることが大好きだったそうです。それが今ではモノを厳選し、好きなものだけで生活できるように!

キッチンもホコリや油もとぶので棚を撤去したり、水切りかごも汚れやすいのでなくしてしまいました。調理器具も厳選し、トレーも掃除が大変なので使っていません。

化粧品も激減することに成功し、厳選したものもブログ内で紹介されています。

おすすめミニマリスト書籍

ここからはノンストップ!では紹介されていない、私のお気に入り書籍たちと雑談なので読み飛ばして^^

ミニマムに生活している方の本、最近はとっても増えましたよね。

そんなお片付け書籍、つい本屋にいくとほしくなって購入してしまう私のおすすめたちです。

みんなの持たない暮らし日記

みんなの持たない暮らし日記 (みんなの日記)

こちらの本、読み物としてはちょっと物足りないかもしれません。ですが私にとっては掃除をする気力をもらえる動力源。なぜかというと写真がたっぷり掲載されているからです。

すっきりとものがないキレイなお部屋たち。ああ!こんな家にすみたい!といろんな刺激や憧れを抱かせてくれるそんな本。

なかなか思うように片づけや掃除をしようという気力がもてないときに読むといいです。

「何もない部屋」で暮らしたい

「何もない部屋」で暮らしたい

私が衝撃を受けた一冊です。モデルルームのようなすっきりしすぎたお部屋の写真たち。こちらも文章よりも写真が多い本なのですが、こんなすっきり片づけていいの?と衝撃的な本の一つ。

あえて選んだ狭い家

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

え?家族で住んでるの?とびっくりする狭い家たち。賃貸住まいの私はつい手にとってしまった一冊です。

狭い家でコンパクトに暮らすアイデア。狭い家で暮らすという考え方、人生観が学べる本でもあります。

狭くてもいいんだなぁ、住めるんだなぁと考えさせられました。

本選びってどうしてる?

最近のブームはミニマリストから始まり、捨てる本、片づける本、掃除本、ブログの書籍化…いろいろ増えましたよね。しかもどれも小さめサイズで読みやすい。

増えすぎて悩みます。結局どれも同じ内容じゃないの?と悩みすぎて買えなかったり。

他の方のレビューをみてダメだこの本。と思っていても店頭で手に取ると自分には衝撃でためになるものもたくさんあります。

そこで私が思ったのは本は表紙買いです。インスピレーションです。

自分があ、これは憧れる。ステキだな欲しいなと思ったらレビューがどうあれまず読んでみるのがいいんですよね。店頭で立ち読みしても、悩むだけなので…結局表紙買いになっています。

ただ、書籍をみていると100冊くらいは読みたい本があふれかえる最近の多さ。私は部屋がぐちゃぐちゃだからこそこういうのばかり読み漁りたくなって困ります。

最後に

私はミニマリストに憧れがあるというよりは、片づけてスッキリしている部屋に憧れています。自分ができないので…だからこそこういったブログがありがたいです。見ているだけで捨てたい衝動にかられるので(笑)

ミニマリストまでの徹底した部屋にはできなくても、片付けて最小限におさえたら掃除もらくらくにできるようにもなりますよね。

そういう部屋ならモノを大事にする心もうまれ、子供たちも片付けが得意になってくれるかもしれません。

憧れをもち、そこに目指して動いていけば自分のやりたい暮らしがみえてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする