笠原将弘の巻きすいらずで簡単!3種の巻きずしレシピ!酢飯の黄金比率とは?

スポンサーリンク

2016年2月2日のノンストップ!では笠原将弘さんが巻きずしの作り方を紹介していました。

明日は節分ですからね。恵方巻を手作りするという方もいらっしゃると思います。笠原レシピ参考にしてみてください。

ちなみに今年の節分は南南東だそうですよ^^

スポンサーリンク

笠原流!3種の巻きずしの作り方

3c4193835c408fabec4ece22a1fc997e_s

◆材料◆

(8本分)
エビ・・・6尾
たくあん・・・50g
いりゴマ(白)・・・大さじ1
*酢飯*
ご飯茶碗4杯(600g)
酢・・・大さじ5
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ2
焼きのり・・・4枚

◆作り方◆

①エビがまっすぐになるように竹串をお腹側にさします。沸騰したお湯に塩を多めにいれ、エビを茹でます。

②細切りにしたたくあんに、いりゴマを混ぜます。茹でたエビは串を抜き、殻をむきます。

③酢・砂糖・塩を混ぜ合わせ、ご飯に和えます。黄金比率は大5:大2:小2!

☆お寿司には米酢の方がいいそう

④半分に切ったのりのザラザラの面に酢飯をのせます。手前はぎりぎりに敷き詰め、反対側は少し開けておきます。

⑤エビを2尾のせふんわりと手で巻けばOK。巻き目を下にしてしばらく置けばくっつきます。たくあんの具、梅きゅうりなどを巻いたら完成!

ESSE2月号にも詳しいレシピ掲載中です^^

ESSE(エッセ) 2016年 02月号

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

最後に

巻きすを使わずに手でふんわりと包むだけでいいそうです!ぎゅっと押さえつけてしまうと海苔がちぢんでしまうのでこの方がおいしくいただけますよ。

酢飯に使うお酢ですがオススメは米酢でした。穀物酢は酸味が強いのでドレッシングにむいているそうです。

いろいろ使い分けておいしい節分むかえましょう。南南東ですよ!