林修の今でしょ講座、日比野佐和子先生がすすめる温冷浴や生姜はちみつ湯で冷え性対策&予防になる!

スポンサーリンク

2016年2月16日の林修の今でしょ講座では、冷え性についてやっていました。

予防と対策をしり、冬のつらい冷え性をなんとか改善させましょう。寒くてつらすぎる!

スポンサーリンク

日比野佐和子先生おすすめ冷え性対策

086155

湯冷めしない入浴法

  • 温度は38~40℃のぬるめのお湯に20分間つかりましょう。*個人差はあるので無理せず行います。

ぬるま湯につかることで1時間たってもポカポカとあたたかいままでいられますよ。

  • 半身浴ではダメ。首までつかって体全体をあたためましょう。

半身浴だと下は温かいけれど肩は寒い…なので冷え性対策では首までつかることが大事です。それでも温まらないという方は温冷浴がおすすめ!

温冷浴のやり方

体を温めたり冷やしたりを繰り返す入浴法が温冷浴というものです。ぬるま湯では温まらないという方はお試しください。

温冷浴で血管が鍛えられ、繰り返すことで血行がよくなるんだそう。

①40度のお湯に4分間入浴します。

②シャワーで手足に冷水を15秒かけます。

③これを数回繰り返しましょう。

寝る前の靴下はNG!履くならレッグウォーマーがいちばん温まる!

靴下をはいて寝ると、実は逆に冷えてしまいます。

これは靴下が足の血管を締め付けてしまうので血流の流れを悪くしてしまうから。

しかも!足は体温調節のため汗をかきますが、靴下のせいで湿気がこもり、さらに冷え性を悪化せる原因にもなるので注意しましょう。

もし、靴下を履くならば、締め付けがゆるく、通気性の良い物を選びましょう。

レッグウォーマーが日比野先生のおすすめでした!

これは第2の心臓であるふくらはぎを温めることが大事です。起きる時には全身の体温が上がっているそうです。

寝る時にはレッグウォーマーを履きましょう^^

ランキング1位獲得!レビュー6,400件超!健康足首ウォーマー

防寒対策に一番いいのはマフラーよりも腹巻だった!

防寒にマフラーは一番に思いつきますが…冷え性には腹巻がいいんだそうです。

お腹には太い血管である腹部大道脈が通っているのでそこを温めることですぐに体が温まるそうです。

お腹だけでなく、手足までポカポカとしてきますよ。

冷えや妊婦さんにもシルク腹巻

生姜を食べるなら加熱するべし!生姜はちみつ湯がおいしくて簡単!

生の生姜の場合・・・殺菌&免疫力UPの効果が期待できる

加熱する場合・・・ショウガオールという成分が血液の循環をよくしてくれる

なので冷え性対策には加熱するのがおすすめです。

日比野先生がおすすめするのは生姜はちみつ湯です。作り方も簡単なので家に常備しておくといいかも。

生姜はちみつ湯の作り方

①はちみつに生姜スライスを1週間つけます。

②スプーン2杯分の生姜とはちみつをコップにいれます。

③熱湯を注いで混ぜれば完成です。

はちみつのオリゴ糖と生姜のショウガオールが血液の循環を良くする効果が期待できます。

飲むだけでなく、料理に使ってみてもいいですし、アレンジがききそうですね。

ショウガ湯とはちがってハチミツの甘みでまろやかにおいしくいただけるみたいですよ。これなら子供ものみやすそうだし、風邪にもよさそう。

朝食にゆで卵を食べると体が温まる!

冷え性の朝はつらいですね。

そんなつらい朝には体のあたたまる朝食を食べましょう。それでおすすめなのがゆで卵でした。

これはタンパク質が関係してきます。

タンパク質には他の栄養素より消化に時間がかかるため熱を作りやすいんだとか。なので朝、タンパク質はきちんととりましょう。卵やウインナーだと忙しい朝でもとりやすいですよね。

なので夕食時にはタンパク質豊富なお肉もオススメです。

ようするにタンパク質を意識してとればOK。冷え性にはタンパク質です!

タオルで体を温める体操!

タオルを1枚用意しましょう。簡単に体を温める体操ができます。

オススメの時間は入浴後の体をふきながら行うこと。パジャマの上からでもいいのでこの体操を行うと冷え性に効果的!

①タオルを4つ折りにします。

②背中に回し脇の下に挟みます。

③強めに引っぱりながら左右に動かします。

☆タオルの位置は肩甲骨にくいこませるように。

背中・わきの下・首には熱を生み出す褐色脂肪細胞が多くあるため刺激することで体があたたまるんだそうです。

基礎代謝を上げ熱を生み出すので体温上昇、ダイエット効果もあるんだとか。

肩から斜めがけにタオルをかけて動かすのも効果あり。お風呂上りに1分ほどやってみましょう^^

日比野佐和子先生の関連書籍

これだけで若返りは可能です。

ココナッツオイル 美のチカラ (タツミムック)

最後に

冷え性は今は女性だけの問題ではなく男性でも悩む方がいるそうです。基本的に筋肉量が少ないと冷え性になるそうなので、筋肉を増やし、運動することも大事かもしれませんね。

ただ、それだけでは改善しないことも多く、かたよった食生活も問題なんだとか。血流の流れが悪くなるとどうしても末端まで血がめぐらず冷えてしまう…

そうならないためには運動と規則正しい食生活が大事ですよ!冷え性ときちんと向き合って冬も快適に過ごしましょう^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする