ウワサの大家族!神戸のシングルマザー早野家8人姉妹の大家族!超多忙なワーキングママでもできる子育て技とは?

スポンサーリンク

2016年3月1日のウワサの大家族では、シングルマザーの方をやっていました。

8人みんな女の子のママ、シングルマザーなんです。パートをかけもちしながら12時間も働き、睡眠時間は2時間!そこまでがんばれるのには子供たちの協力もあってのこと。

子供たちの健康も思いやりながら大量の家事と仕事をこなすママの子育て方法とは?

スポンサーリンク

8人姉妹のシングルマザーの子育て術

283055

月給20万で月13万の貯金!?

早野家の収支は、パート代が約20万円で養育費として8万の収入があります。

そこからの支出が、

家賃:3万
食費:約10万
光熱費:約5万
雑費:約9万

収入が28万なのに対し、支出は27万円なのでほとんど残りませんよね…

ですが、児童手当などの収入がこれにプラスされてきます。それをまったく手をつけないで貯金にまわしているんだとか。

そのためにパートをかけもちし、労働時間は12時間!睡眠は毎日2時間程度なんだとか。

朝は朝食とお弁当を作り、保育園に送ったり、買い物も朝にすまします。パートにいき、夕食のため帰宅…それからまたパート!

子供同士ペアになって世話をする

夜勤のあるママのかわりに小さい子たちの面倒を見なくてはなりません。

なので姉妹はペアを組んで、大きい子が小さい子の世話をします。歯磨きや寝かせたりと姉妹たちが別々に分担して育児を手伝ってくれるそう。

なのでママも安心して夜勤することができるといいます。

ママにとっていいことずくめですが、子供たちにもいい効果はあります。

それは責任感が養われ、子供たちが母親になったときにもいい勉強になっていること。そんな合理的な制度なんだとか。

子供の栄養管理はワンプレートで!

ワンプレートにすべての夕食のおかずをのせます。

大皿にもってみんなでつつきあう…よりもワンプレートの方が忙しいママにいいことがあります。

それは栄養管理の問題。

大皿だと誰がどれだけの量を食べたかは判断できません。ワンプレートに平等に盛ることで残したおかずも一目瞭然。好き嫌い言えません。

なのでワンプレートにして個人個人別々におかずを盛る方が子供の健康管理には役立っているんだそう。

おかわりをしたい時も嫌いなおかずを食べてからというルール。

そうしてちゃんと完食できちゃいます。好き嫌いをさせず、子供たち全員の健康を忙しくてもみることができるワンプレートがいいですね。

睡眠時間を削っても毎日夜8時におやつタイム

毎日忙しい超多忙なママ…ですが決まって8時には家族全員をあつめてのおやつタイムを設けています。

帰り時間が子供たちもバラバラなので全員がそろう時間におやつの時間を確保しています。

大好きなおやつならみんな集まってきますからね。

この時間がママにとって一番大事。その狙いは子供全員の情報収集。

楽しく学校などの近況をさぐる大事な時間です。みんな女の子だからこそ楽しく会話が弾むんでしょうね。

最後に

めちゃくちゃ忙しいママ、朝の2時間ですべての家事をこなしていて尊敬しちゃいます。

整理整頓もきちんとされていて、夜勤でママがいない時間も多いはずなのにキレイなままがスゴイですよね。

大家族でささえあって子育てしていく、そうしてシングルマザーでも毎日食べていけるわけですね。すごい^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする