サタデープラス!石原新菜の冷え性に”蒸ししょうが”!免疫力をあげるにはオリーブバナナもあり?レシピとオススメの食べ方

スポンサーリンク

2016年3月5日のサタデープラスでは”蒸ししょうが”が紹介されました。

これなら酢ショウガがすっぱくて苦手という人でも簡単に試せそう。これを食べ続ければ免疫力があがり体温も上昇するんだとか。冷え性対策にぴったり、小島瑠璃子さんことこじるりもかなり体温があがったみたいです。

蒸ししょうがの作り方や食べ方とは?

スポンサーリンク

冷えには酢ショウガよりも蒸ししょうがだった

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_s

蒸ししょうがは加熱したしょうがを乾燥させて粉末状にしたものです。

酢ショウガと違うのは熱が加わっていること。そうすると「ショウガオール」という成分にかわるため、体を温める効果があります。

酢ショウガや生しょうがと比べてみても10倍は体の温め効果が違うんです。

しかも蒸し器もいらなくて簡単にできるのがいいところ!オーブンでやっちゃいます。

蒸ししょうがの作り方

◆作り方◆

①皮付きのまま薄切りにしょうがを切ります。

☆できるだけ薄く切りましょう!しっかりと乾燥しますよ

②オーブンの天板などに重ならないように並べます。

③100℃のオーブンで1時間加熱します。

☆オーブンレンジでOK。ただし、レンジ加熱は発火の危険があるため絶対にやめてください!オーブンです。

④ミキサーやすり鉢などで粉末状にすれば完成です。こうすると料理に使いやすいです。

3か月間は保存が効きます。どんな料理にでもあうので、食卓に置いておいてお好みでチョイ足しするだけで色々使えますよ。

蒸ししょうがのおすすめ料理

・みそ汁

・そば・うどんなど麺類

・ごはんのふりかけ

・サラダのドレッシング

・炒め物のスパイスなど

様々な料理のおともになんでも合うそう。自分流にいろいろ試すのも楽しそうですね。

外食にも蒸ししょうがを携帯していればすぐに使えます。

蒸ししょうが生活を実践したこじるりさんのオススメは甘いコーンスープにふりかけること、でした!甘みのスープに合うんだそう。

他にも豚の生姜焼きなどの生姜料理にプラスして使うのもより風味がアップしておいしいんだとか。

色々ためしたくなりますね。

やっぱり面倒だな…という方は、粉末の蒸ししょうがの商品を試してみるのもいいかもしれません。

病気にならない 蒸しショウガ健康法 (アスコム健康BOOKS)

スゴイ! 蒸し生姜レシピ (TJMOOK)

保温効果がアップする調味料、オリーブオイルがいい!

蒸ししょうがよりももっと手軽に体温をあげる調味料がありました。それがオリーブオイル。

料理にいれると保温効果がUPするんだそう。

あったかい料理にチョイ足しするだけでOK

スープなどの仕上げにちょっとかけるだけでも効果があがります。

オススメ料理はオリーブバナナ

◆作り方◆

①フライパンにオリーブオイルをひき、バナナをいれて3分ほど炒めます。

②焦げ目がつけば完成。

食物繊維が豊富なバナナと一緒にとることで免疫力がアップします。

最後に

低体温の人は蒸ししょうがやオリーブオイル生活はもちろんのこと、筋肉量を上げることも大事です。

運動をしつつ、蒸ししょうが、オリーブオイルを食事に取り入れていけば冷えに悩まされることもなくなるかもしれません。実験に参加していた方、靴下なしでも大丈夫になったんだとか。

以前の酢ショウガの作り方が気になる方はこちらの記事を参考に→サタデープラスの酢しょうが

加熱するバージョンの酢ショウガレシピも以前ノンストップ!で放送されていました→ノンストップ!酢タマネギ&酢ショウガ

他にも冷え対策法を石原新菜先生がバイキングで紹介していました。腹巻きしましょうってこと^^→温活ダイエットで体温をあげて代謝をアップさせよう!

冷え性にはやっぱり生姜!加熱をすることが大事なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする