サタデープラスのフライパン&トースターで焼く梶晶子のポリパン教室とは?簡単手軽にちぎりパンができちゃうレシピ!

スポンサーリンク

2016年3月12日のサタデープラスではパン教室について紹介していました。

それも世界一簡単なパンだとか。なぜってポリ袋で作るのでお手軽。しかもフライパンやトーストですぐ焼けちゃいますよ。

梶晶子先生の手作り簡単ポリパン教室とは?

スポンサーリンク

ポリ袋で作るちぎりパンレシピ

84eecbfa18f6073a8f4171b57f167aa8_s

基本のポリパンの作り方

◆材料◆

強力粉・・・300g
水・・・160g
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ2/3
天然酵母・・・大さじ2(ドライイーストでも可)

◆作り方◆

①すべての材料をポリ袋の中に入れます。

②袋に空気をいれて口を閉じ、材料を振りながら混ぜます。3分ほど振ればOK。ひとかたまりになっているはず。

③ポリ袋のまま口をしばり、ペットボトル等の開いた容器にいれ、目印をつけます。倍の大きさになるまで置いておきます。今の時期なら約8時間ほど。

④生地を4等分ほどに切り分け、成形します。上に上に生地を重ねるようにしてなめらかにしていきます。

⑤お好みでゴマなどをつけ、フライパンにならべます。フタをして2時発酵させます。50分ほど。

⑥強火で30秒、弱火で10分焼きます。ひっくり返し、また10分焼いて完成です!

トースターでフォカッチャの作り方

◆材料◆

強力粉・・・100g
薄力粉・・・50g
天然酵母・・・大さじ1
水・・・80g
塩・・・小さじ1/3
砂糖・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・大さじ2

◆作り方◆

①ポリ袋の中で材料をまぜ生地を作ります。

②トースターの天板にシートをひき、生地をのせます。オリーブオイルを手に塗っておけばくっつきませんよ。

③生地にオリーブオイルをぬり、お好みの具材をのせたら発酵させます。教室ではオリーブの実をいれていました。空気にふれないように上に容器などをのせておきましょう。

④発酵後、トースターで焼いて完成!

何分やけばいいとのことは紹介されませんでしたので、詳しい作り方が知りたい方は梶晶子先生の書籍を参考にしてみてください^^

ポリ袋でラクラク!オーブントースターで焼く天然酵母パン

ポリ袋で作る天然酵母パン  フライパンや鍋で手軽に焼ける

ポリ袋でかんたん! 天然酵母の食事パン&おつまみパン

最後に

こねないちぎりパン…発酵には時間はかかりますがこねないのはいいですよね!ガス火でやるからカリッとおいしそうでした。

子供も一緒になって楽しくパン作りが楽しめそうです。だってポリ袋にいれて振るだけなんだから。パンが発酵していくのは子供ながらワクワクしていた記憶があります。大きくなった!楽しい!早く食べたい!

そんな親子でパン作り、楽しくおいしいので挑戦してみたいですね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする