世界一受けたい授業、落合シェフの栄養抜群!サヨリのカルパッチョ・ホウボウのアクアパッツァ・ヤリイカのソテーレシピ!

スポンサーリンク

2016年3月12日の世界一受けたい授業では、さかなクンとコラボして落合シェフが旬な魚、サヨリをつかった料理を披露していました。

サヨリには栄養たっぷり。しかもその栄養を逃さず、おいしく食べるレシピを紹介してくれました。

旬な魚で家族の健康をたもちましょ^^

スポンサーリンク

落合シェフのサヨリ&ホウボウ&ヤリイカの栄養たっぷりレシピ!

ca3620cc66ad58007d686da3eb9ccfe5_s

サヨリと菜の花のコラボパッチョの作り方

◆作り方◆

①サヨリは三枚おろしにします。昆布の上にならべ、上から昆布でフタをする昆布締めを行います。3時間ほど冷蔵庫に寝かしましょう。

②ビーツをスライスし、皿に並べたらサヨリを上にのせます。またその上からビーツをのせサヨリを挟みます。

③酢を上からふりかけ、15分ほど馴染ませます。

④サヨリを薄く切り、コショウをまぶします。

⑤マスタードを酢でのばし、菜の花、ビーツの細切り、セリや三つ葉を加えて和えます。酢の3、4倍のオリーブオイルを加えて混ぜ合わせたら、サヨリの上に盛りつけます。

⑥仕上げに素揚げにしたセリの根と長ネギ、ビーツの細切りをまぶして完成です。

DHAは生食が一番栄養をとりいれられるんだとか。

酸化しやすいので菜の花などのビタミンCと一緒にとると効果的!

ホウボウとトマトのコラボパッツァの作り方

◆作り方◆

①内臓などを取り出し、下処理をしたホウボウに塩を振ります。アサリは砂抜きをしておきます。

②オリーブオイルでにんにくと赤唐辛子を炒めます。香りがでたら取り出します。

③ホウボウを焼き、アサリを加え、トマト、ワカメ、タケノコ、黄ニラをいれて炒めます。水は少量いれるようです。

④桜エビの粉末を少し加え炒めたら完成です。盛りつけ時に香草などを散らしてもOK

1つの鍋で焼き&煮込みをするのがポイント!

流れ出てしまったEPAも残さず摂取できます。

ヤリイカと玉ねぎのコラボソテーの作り方

◆作り方◆

①ヤリイカからゲソと内臓を引き抜きます。墨袋を破らないよう取り出します。ゲソは細かく切ります。

②オリーブオイルで新タマネギを炒めます。

③ゲソを加えます。塩、コショウ、パセリ、松の実、パン粉、墨袋を加え潰しながら炒めます。

④イカにすべて詰め、つまようじで口を閉じます。

⑤オリーブオイルで焼き、チューブの生姜としょう油、バターを加え炒めたらOK

⑥イカは輪切りにし、鍋にのこったソースをかけて盛りつけます。つけ合わせは玉ねぎとクレソン、塩昆布を和えたものにレモン汁を加えます。盛りつけて完成!

イカにはタウリンが含まれており、悪玉コレステロールを減らす効果が期待できるそう。

しかもつけ合わせの玉ねぎも同様の効果があるんだとか。

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ (講談社のお料理BOOK)

最後に

食材に含まれている栄養をあますことなく体にとりいれたいものです。

今が旬な食材で健康に元気に過ごしましょう。普段たべない食材もチャレンジするのは楽しそうかも^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする