林修の初耳学!フランスパンの食べごろ&おいしい保存方法リベイクって何?どうやるの?

スポンサーリンク

2016年3月20日の林修の初耳学!では、多部未華子さんがパンの食べごろについて紹介していました。

フランスパンの食べごろは冷めたて?時間がたってもおいしく保存するにはリベイクすればいいそうです。そのやり方とは?

スポンサーリンク

フランスパンの食べごろと保存方法「リベイク」

4643d3b3ef6ad3af4f012f8c88d62606_s

パンにはそれぞれ食べごろが種類によって違うんだそう!

そして、フランスパンの食べごろは焼き上げてから約30分後の「冷めたて」がベストなんです。

これは焼いた直後では熱くて風味や味が伝わりにくいため。

パンの熱が落ち着いてからの冷めたてが一番おいしいんだそうです。

とはいっても中々その時間通り食べることって少ないですよね。そんな時はきちんと美味しいまま保存してあげればいいんです。

パンは乾燥が命!乾燥を防いで保存しましょう。

フランスパンのリベイク方法ポイント3つ!

①パンをできるだけ早く3分の1程度に切り分けます。

②ラップでしっかりと包みチャック付きビニール袋で密閉します。袋ごと冷凍庫に入れます。

☆冷凍することでタンパク質を固定し、中からの乾燥を防ぎます。

③常温で20分程度自然解凍し、200℃のオーブンやトースターで3分加熱すればOK

パンの種類別の食べごろっていつ?デニッシュや食パン、惣菜やライ麦

焼きたてがおいしいパン

*総菜パン*

とろとろチーズやカリカリのベーコンが入っているので焼きたてが一番おいしいパンです。

翌日がおいしいパン

*ライ麦パン*

焼きたてだと二酸化炭素と水分が抜き出ていないため、時間をおいた翌日がおいしい。

6時間後がおいしいパン

*食パン*

水分が真ん中に残っていて焼きたては中が軟らかすぎ、外の耳は固すぎてしまいます。

時間が経過すれば水分は徐々に外側へ移動し、全体にいきわたります。

6時間たてば中はフワフワ、耳も程よい食感になるんだそう。

3時間後がおいしいパン

*デニッシュ*

バターの多いデニッシュは時間をおくことによって生地にバターがなじみ味に深みがでます。

なので香りとうま味が広がった3時間後がベスト!

ドンクが教えるフランスパン 世界のパン 本格製パン技術

最後に

私もパンは好きですが、それぞれ食べごろが違うと知りませんでした。

しかもフランスパンって冷凍していいんですね。冷凍するとダメにしてしまいそうな気がしましたが、きちんと保存してあげればふっくら感が全然違うもの!ちょっとびっくりです。

リベイクはお店でもパンフレットが配られていたり保存方法が記されているらしいので確認してみましょう^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする