サイゲン大介の肉汁たっぷり餃子のレシピ!手作り甜麺醤の作り方やパリパリに焼くコツとは?

スポンサーリンク

2016年4月7日の得する人損する人ではサイゲン大介さんが有名餃子店、「紅虎餃子房」の鉄鍋棒餃子を再現していました!

肉汁たっぷりの棒餃子をほぼ100%の味に仕上げてしまいました。

手作り甜麺醤の作り方も紹介!万能調味料や様々な隠し味、そして失敗しない餃子をパリパリに焼くコツが参考になりますね。

絶対作りたくなる肉汁たっぷり餃子レシピです。

スポンサーリンク

サイゲン大介の肉汁たっぷり、紅虎餃子房の棒餃子レシピ&手作り甜麺醤!

20027e48904cffaae7bc07b6d3a96000_s

◆材料◆

牛ひき肉・・・150g
豚ひき肉・・・50g
塩・・・ひとつまみ
塩抜きしたキャベツ・・・60g
炒めタマネギ・・・30g
ショウガ・・・5g
ニラ・・・20g

●ザーサイ・・・20g
●手作り甜麺醤・・・8g
●たまり醤油・・・15ml
●黒糖・・・2,5g
●酒・・・15ml
●オイスターソース・・・4ml
●練り中華だし・・・2g
●コショウ・・・少々
●ごま油・・・2,5ml
●砂糖・・・2g

水・・・50ml
片栗粉・・・3g
春雨・・・15g

◆作り方◆

①キャベツをみじん切りし、塩で水抜きしておきます。タマネギもみじん切り、飴色になるまで炒めます。ザーサイもみじん切り、20分ほど水につけておきます。春雨は水で15~30分ほど浸して軽くもどします。軽くね。

☆ザーサイは水につけることで食感がでて本格的な中華な風味に!チャーハンやスープにいれると味がレベルアップするそう。

②牛ひき肉と豚ひき肉を3:1の割合でいれます。塩とキャベツ、タマネギ、刻み生姜、ニラを加え混ぜ合わせます。

③●の材料をすべて加え、さらに混ぜ合わせます。

④水に片栗粉を溶かし、少しずつ加えながら握るように練ります。

⑤最後に軽くもどした春雨を加えてよく混ぜたら、ラップをして冷蔵庫で30分寝かします。

☆軽くもどした春雨がベスト。肉汁をすってスポンジのような役割をしてくれます。豆の春雨を使いましょう。ジャガイモの春雨は肉汁を吸いすぎてしまうのでNGです。

⑥四角い餃子の皮で餡を包みます。丸い餃子の皮でもミニ棒餃子作れますよ。

餃子をパリパリに焼く上手な焼き方のコツ

①火をかける前にサラダ油をいれます。

②折り目を下にして餃子をフライパンに並べます。

③水をいれ、フタをしてから火をつけ蒸し焼きにします。約4分ほど。

☆最初に水をいれておけばフライパンが熱くなりすぎず焦げにくいそうです。

④フタをあけ、水分を飛ばしごま油で焼き色をつけます。パリパリにするには最後のごま油が肝心!

手作り万能調味料!甜麺醤(テンメンジャン)の作り方

◆材料◆

赤みそ・・・50g
みりん・・・30ml
砂糖・・・15g
ごま油・・・3ml
酒・・・10ml
しょうゆ・・・8ml

◆作り方◆

①赤みそ・みりん・砂糖・ごま油・酒・しょうゆを加え混ぜます。

②フライパンで煮詰めててとろみがでれば完成です。

☆ホイコーローや市販の麻婆豆腐のたれに加えることで本格的になります。湯豆腐にかけて田楽風にもなりますし、マヨネーズと和えればバーニャカウダ風に!

最後に

再現率が今日のは高そうでしたね。肉汁たっぷりでパリパリに焼けるコツは参考になりました^^

片栗粉や春雨が肉汁をとじこめてくれるとのこと。私も肉汁をとじこめたいと水をいれたりしますが・・・結局焼いてる途中にでていっちゃう。片栗粉今度いれてみようかな。

甜麺醤も家で簡単に作れるので買う必要性がないのはいいところ。材料費も300円だそうですし、ザーサイ買って餃子作り挑戦してみたい!

得する家事 家事えもんと仲間たち「みんな得する家事ワザ」大全集

スポンサーリンク

シェアする

フォローする