ノンストップ!え?老け顔解消できちゃう?神崎恵流の-5歳若返りメイク術がすごい!眉毛の書き方やチークののせ方、失敗メイクカバー術まで!

スポンサーリンク

2016年4月13日のノンストップ!の美活やってます!のコーナーでは、若返りメイク術がやっていました。

老け顔が解消できてしまう5つのポイントをおさえるだけで-5歳メイクができちゃいます。

ファンデーションの厚塗りや眉毛がうまくかけないという悩みはありませんか?チークもうまく塗れなくてついつい”おばメイク”になってしまう…

老けて見えるのは正しくメイクできてないからかも?5つのポイントをおさえておばメイクから卒業しましょう^^

スポンサーリンク

若返りメイク術5つのポイント

a0055_000183

ポイント①はりのある肌に見せる!立体感を生み出すハイライト

  • 使うのはクリームハイライト
  • 目頭にハの字にいれる
  • 鼻筋には細めにいれる
  • 頬には逆三角形にいれる

重要なのはハイライトを入れる場所です!

それはまず、目頭でした。目頭にはハの字にいれます。

もう一つは鼻筋にいれましょう。ポイントは細くいれていくことです。日本人は鼻が低いので太くいれてしまうとごつい印象になってしまいます。

鼻筋には細くハイライトをいれます。

最後に頬、逆三角形にいれましょう。リフトアップしたように見える効果があります。

範囲は、下は鼻までで横は眉毛よりも内側にいれましょう。

ちなみにファンデーションは厚く塗りすぎないように注意します。

ポイント②立体感を生み出すためシェードは大胆にいれる!

  • 自分の輪郭より一回り小さい輪郭をかくように顔回りにぐるっとぬる
  • 自分の肌より2段階ほど暗い色を選ぶ
  • 中にいれないように外にむかってなじませる

顔の輪郭を描くように顔回りにぐるりと線をかきます。このとき一回り小さい輪郭をかくようにしましょう。大胆にかいて大丈夫!

次にコットンなどでなじませます。

ポイントは輪郭より中にいれないことです。外にむかってなじませましょう。

一見わからないかな?と思うかもしれませんが、このひと手間が全然違うんだそう。

ポイント③しっかり太めのナチュラル眉毛の描き方で人生がかわる?

*眉毛の基本*

  • 眉頭は小鼻の付け根の延長線上から、口角から目じりの延長線上までが眉毛の長さ
  • 眉山は黒目の端から目じりの間

眉毛は人生において超重要ポイント!なんだそう。とはいえ、加齢とともに薄くなってしまいます。無理に形を整えるほうが不自然になってしまいます。

眉毛の基本は小鼻の付け根の延長線上が眉頭、口角から目じりをとおった先までが眉毛の長さになります。眉山は正面をみたときの黒目の端から目じりの間にくるようにします。

それぞれ筆で目印をつけたらまゆげを描いていきます。

*筆の動かし方*

  • 眉頭…毛の流れにそって上方向に
  • 眉山・眉尻…横方向に
  • 眉頭から眉山までは同じ太さで目と平行に

このとき、筆の動かし方ですが、眉頭は毛の流れにそって上方向に描きます。

眉山・眉尻は横方向に描き、眉頭から眉山までは同じ太さで目と平行に動かします。

仕上げの眉マスカラ

自分の眉と描いた眉、色むらができてしまうときは眉マスカラを使いましょう。ドラッグストアやディカウントストアなどで数百円から手に入ります。

これで整えていくことで色むらは改善できます。

④輪郭がぼやけるおばメイクにはチークで血色アップ!

チークの塗り方

  • 初心者には肌馴染みのいいクリームチークを使う
  • 笑った時に高くなるところにおき、円を描くように広げる

指でトントンと円を描くようにぬります。そして、あご先にも少しのせると顔全体の血色がよくなります。

チークの位置

迷ったときは2本の鉛筆など長細いものを用意します。

正面をむき、黒目の下に鉛筆をおき、もう1本は小鼻から真横におきます。

このときクロスした場所がチークの中心の位置です。

ここを意識して描けば失敗なくチークを塗ることができます。

⑤薄くなってしまった唇もぷっくりに!口紅でプルプル唇

  • 上唇はオーバー気味に描く
  • 上唇と下唇の口紅の割合は1:1
  • ペンシルタイプで輪郭→同系色のグロスを重ねる

唇も年齢とともに薄くなってしまいます。ぷっくりとした唇にみせましょう。

上唇をオーバー気味に描いてOK。ペンシルタイプの口紅で下唇とくらべ上が薄い方は大胆にふっくらとはみ出すように描きます。そうすると若々しくなります。

1:1の割合になるように描きましょう。

ペンシルタイプの口紅で輪郭を縁取ったらその上に同系色のグロスを重ねます。

やりすぎメイクのカバー術

例えばチークの塗りすぎや太すぎる眉毛になってしまった場合、消そうとおもって顔をこすっていませんか?

そうするとデリケートな肌は荒れてしまいます。肌がガサガサになりダメージを与えてしまいます。

やりすぎてしまった場合はぬぐわずに、スポンジを用意しましょう。

リキッドファンデーションを上からトントンと重ねて色味をおとしてカバーすればOK

ぬぐわずファンデでカバー、これがやりすぎメイクでも肌をあれさせないコツです。

神崎恵の出版書籍はこちら。

MAKE ME HAPPY vol.1 (扶桑社ムック)

大人なのに可愛い理由

最後に

メイク一つで印象はガラリと変わってしまうものですね。

基本をしっかりとおさえ、間違ったメイクをしておばメイクにならないよう気をつければ-5歳も夢じゃないかもしれません。

若返りメイクで人と会うことも楽しみにして人生を楽しみたいですね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする