この差ってなんですか?下ごしらえのひと手間で料理がグレードアップするプロ技とは!

スポンサーリンク

2015年5月24日の番組、この差ってなんですか?で普通の主婦とプロの料理研究家との下ごしらえの差について放送していました。

その少しの手間で料理が格段に変わる方法とは?

豚のしょうが焼きにサバの味噌煮、ピーマンの肉詰め、みそ汁、お米の炊き方までも差がありました。

お肉に練りわさび?お米に豆乳?みそ汁にヨーグルト!?驚きの下ごしらえで今晩のおかずが劇的に変わるかもしれません!

スポンサーリンク

プロの下ごしらえのひと手間とは??

a1600_000202

豚肉のしょうが焼きのプロ技は練りワサビ!

豚肉のしょうが焼きといえばスライスされた肉に下味をつけて焼きますが、プロの技はどのようなものなのでしょうか。

「豚肉は練りワサビを塗って、30分寝かせ、一度蒸した後に焼く」

ということでした。

それもスライスされたしょうが焼き用の肉ではなく、塊肉でした。

その方がおいしい厚さに切れるからということのようです。

豚肉のしょうが焼き

①塊肉に練りワサビを厚めにぬり、30分寝かせます。

②蒸し器を使って6分間蒸します。

そうすることで硬くならず、柔らかいしょうが焼きになるそうです。

③ワサビをキッチンペーパーなどでふき取り、厚めに切った肉にここで下味をつけて、焼けば完成!

サバの煮つけには塩!湯!油!?

サバには独特の臭みがあります。それを徹底的に排除することが重要です。

「サバに塩と熱湯、熱々の油をかけて徹底的に魚の臭みを消す」

サバの味噌煮

①サバに塩をふり15分寝かせます。

実の臭みが水分と一緒に表面にでてくるそうです。

②熱湯をサバにかけます。

③熱々に熱した油を皮の面にかけます。その後はいつものように調味料とともに煮込めば完成です!

熱湯や油をかけることで塩が出した臭みを洗い流してくれます。同時に臭みが戻らないように身を締める役割もあるそうです。

ピーマンの肉詰には冷凍ピーマンを使う!

ピーマンを冷凍をしていると何が違うかというと、苦みが消えます。そうすると甘さがきわだっておいしくなるんだそうです!

「ピーマンを冷凍すると苦みが消え、ひき肉にトマトを入れると柔らかくなる」

ピーマンの肉詰め

①半分にきったピーマンを冷凍しておきます。

②トマトをフードプロセッサーにかけ液状にし、フライパンで3分ほど煮詰めます。

③ひき肉や玉ねぎなどと一緒に②を混ぜ合わせ肉だねを作り、30分寝かせます。

④自然解凍させたピーマンに肉だねをつめ、焼いて完成です!

冷凍したピーマンと煮詰めたトマトを混ぜるというひと手間でプロ味になるんだそう!

お米を炊くには豆乳を入れる!?

なんと驚きな豆乳をお米に混ぜて炊き上げるんだそうです!

甘くコクのあるご飯に仕上がりす。

「豆乳を入れて30分間寝かせるとご飯の甘さがひきたつ」

①水加減の4分の1~5分の1の豆乳を入れ、30分寝かせてから炊くと完成です!

豆乳を入れて寝かせておくだけなので簡単ですよね。これならできそうかもしれません!

みそ汁にはヨーグルト!

「すり鉢ですってヨーグルトを加えると風味のあるまろやかな味噌になる」

みそ汁

①味噌をすり鉢ですります。

すりごまのように香りが立ち上ります。

②味噌とヨーグルトを混ぜて10分置きます。

③具を茹でた鍋に②をとかしいれれば完成!

すり鉢でするというひと手間にヨーグルト!かなり驚きの下ごしらえでした…

ですが、こういった手間でいつもの料理がワンランクアップするんだとか!

かなり驚きの下ごしらえ技たちでしたが、マネしてみようと思うものも多かったのではないでしょうか?

この料理を紹介してくれた浜田陽子さんのブログでもっと詳しくこれらのレシピ紹介されていました。

詳しく知りたい方はこちら→http://coodydiary.exblog.jp/

1000kcal 30日レシピ (エイムック 2544)

シリコンスチーマーでつくる たっぷり野菜のヘルシーレシピ

最後に

私が一番やれそうだなと思ったのはピーマンの肉詰めでしたね。最近安いですしピーマン。

買ってきたら半分にきって冷凍しておけばいいわけですから。

できそうだなと思ったものを取り入れればプロの技に近づけるかも?家族をあっと驚かせたいものですよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする