デコパージュのやり方!写真や子供の描いた作品もできるんです。キレイに仕上げるコツや道具は?

スポンサーリンク

2016年5月11日のノンストップ!ではデコパージュというものを特集していました。

家電や小物、石けんにまでペーパーナプキンの絵柄を貼り付けてデコレーションすることができるというものです。

しかもそれを応用すれば写真や子供が画用紙に描いた絵もデコパージュできてしまいます。やり方や道具、ペーパーナプキンの選び方など紹介します。

スポンサーリンク

デコパージュのやり方


◆用意するもの◆

専用のり
ペーパーナプキン
平筆
ハサミ

*よりキレイに仕上げる道具
下地剤
トップコート

◆やり方◆

①ガラスの皿などのツルツルしたものには下地剤を塗ります。乾くまで1~2分まちましょう。

☆ガラスやキャンドルなどのツルツルした面にはナプキンが貼り付きにくいため下地が必要です。

手芸店や工芸品店などで手に入ります→ジョーソニア アーティストカラー クリアーガラスプライマー (JO-3722)

②ペーパーナプキンの好きな柄を選び、ざっくりと絵柄の回りを切って並べてもOK、ガラス皿に合わせて円形にカットしてもOK

自分の好きなようにカットします。

③カットした後、一番上のペーパーを使用します。3枚目の白いペーパーはあとで使うためとっておきます。

④ペーパーとガラス皿の位置を合わせ、半分だけめくりのりで貼ります。反対側も同じようにのりで貼り付けます。

☆しわが気になるとき→ウェットティッシュで押さえるように伸ばします。指でやるよりのりがくっつかずに済みます。

自然乾燥で約10分乾かします。ドライヤーなどの冷風だと1~2分で乾きます。

⑤残しておいた3枚目の白いペーパーを絵柄の上に貼り付けます。

⑥再度のりを塗って強度をあげましょう。乾いたら仕上げにニスを塗ってツヤ出しと防水をします。

写真や絵をデコパージュする方法

ae0501089ab28228aef904b642a785bd_s

◆やり方◆

①写真を紙にカラーコピーし、カットします。その上に転写液を塗ります。塗って乾かす作業を6回繰り返します。→トランスファーコート 転写液

☆これでコピーした紙を補強します。

②紙をぬるま湯につけます。

③ふやけてきたら裏面を手でこすり紙を削ります。反対側が透き通るくらいまで行いましょう。

☆転写液のコーティングをしてあるため破けないので大丈夫。

④好きな形に切り、上からのりを塗れば完成です!

先生はウエットティッシュのフタに貼り付けていましたね。

画用紙に描いた子供の絵も同じ要領でできてしまいます。父の日のプレゼントにもなりそうですね。

ペーパーナプキンの選び方とコツ

ペーパーナプキンは白ベースで

白地の柄のペーパーナプキンを選びます。

基本的にはベースが白いものを選ぶとデコパージュしやすいんだそうです。

ざっくりと絵柄をきって、白い石鹸などに貼り付けても白い背景が同化するので目立ちません。濃い柄のナプキンを使うとその背景までくっきりとでてしまいます。

初めのうちは白い背景のものからやってみてください。

手でちぎるともっと自然に

ペーパーナプキンの絵柄はハサミでカットしていましたが、これを手でちぎるようにするともっと自然な仕上がりになります。

手でちぎった場合、まわりの断面がふわっとするのでのりで貼り付けたとき目立ちにくくなります。

最後に

デコパージュというものを初めてしりました。

主婦の方から最近人気だそうですね。今回の講師の方のブログはこちらです。

教室の詳細やデコパージュについて知りたい方はのぞいてみてください^^

デコパージュはじめてセットBOOK【専用液2本 平筆1本付き】 (バラエティ)