世界一受けたい授業の徳江千代子の保存術!手作り麦茶やはちみつは?コーヒー豆は凍らせる!?

スポンサーリンク

2016年8月20日の世界一受けたい授業では徳江千代子先生による食品保存の一工夫が紹介されました。

たとえばイチゴは洗わず冷蔵保存する方が長持ちします。そういった野菜や肉、みそなどの正しい保存の仕方とは?

コーヒー豆を香り高く保存する驚きの方法も!

スポンサーリンク

食品保存の一工夫!トップ5

fe918ece64401fd6cf480dc0d030bbb8_s

5位 みそ

みその保存に重要なのは空気にふれさせないことです。

みそのパックについている薄い紙、あれはとらない方がいいそう!

もしとってしまったらラップなどで空気にふれさせないように密着させましょう。

みその使用後はヘラやスプーンなどで表面を平らにし、薄い紙を密着させたらフタをします。

4位 手作り麦茶

お湯を沸騰させて作った麦茶は氷水などで急速に冷やしてから冷蔵庫で保存しましょう。

ゆっくり温度を下げた場合は菌が増えてしまいます。冷蔵庫にいれても増殖するだけです。なので急速冷却が大事。ほとんど菌が増えることはありません。

水出しで作る手軽な麦茶の場合には煮だした場合よりも日持ちは悪いため、2日で飲み切るようにしてくださいね。

3位 果物

桃などの果物の場合冷蔵庫保存はNGです。

常温で保存します。その場合、キッチンペーパーで包んでから風通しのいい場所に置いてください。

食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やせばおいしく食べられますよ。

キッチンペーパーで包まなかった場合には変色し、傷みが早くきてしまいます。ちゃんと包んで保存しましょう。

2位 肉

肉も空気に触れると酸化し傷みやすくなるため、とにかく空気に触れないようにします。

冷蔵保存の場合*

①肉の表面をペーパーでふきとり、1枚ずつラップで包みます。

②密閉袋に入れチルド室で保存します。

冷凍保存の場合*

①氷水にさっとくぐらせます。

②水をきらずにラップをして冷凍庫で保存します。

1位 野菜

カボチャの保存の場合には種をとって保存します。種付きの場合にはそこから傷みが進行し、臭くもなってしまいます。

丸ごとのカボチャなら風通しのいい場所で2~3か月保存可能です。ですが切ると傷みが早くなります。

切ったカボチャはキレイに種を取り除き、ラップに包んで野菜室で保存します。

レタスは切るとすぐ傷んでしまうので外から1枚ずつはがして使用しましょう。

残ったレタスの保存にはつまようじを使います。

レタスの芯につまようじを3,4本ほど刺せばOK。これだけでレタスの傷みを遅らせることができます。

梅干し・はちみつ・コーヒー豆の保存法

梅干しの保存

塩分濃度で保存法が異なります。

18%以上なら、常温

低塩だったり、塩以外の調味料が入ったものの場合は、冷蔵庫保存しましょう。

はちみつの保存

はちみつの保存は常温が正解です。

基本的に腐らない食品なので常温でOK

逆に冷蔵庫にいれてしまうと結晶化し、食べたときに舌触りがザラザラになってしまいます。

コーヒー豆の保存

コーヒー豆は実は冷凍保存です。

1回使う分ずつラップにつつみ、密閉袋にいれて冷凍保存してください。

これだけで香りが強く残ってくれます。

もっとおいしく、ながーく安心.食品の保存テク

野菜と果物を「安心」して食べる知恵

最後に

食品保存の方法をしれば無駄な食品ロスも減り、家計も助かりますね。

コーヒー豆の保存には驚きましたが、おいしく長持ちさせる方法がわかっていれば安心して食べることもできますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする