サタデープラス、勝間和代の家電のムダ金節約術!1年のうちいちばん安く買える時期は今!

スポンサーリンク

2016年8月27日のサタデープラスでは勝間和代さんが一般の方の家計を診断していました。

ムダ金を0円におさえ、貯蓄を増やすにはどうすればいいのでしょう。

今回は失敗しない家電の選び方を紹介していました。

というのも古いエアコンを使っていると光熱費は上がる一方。おもいきって新しいものを買うほうが電気代が安くなることも。

安くなっている時期に購入してしまいましょう。

スポンサーリンク

失敗しないお得な家電の買い方とは?

487a2aa279709dcaba936da78bfa1e06_s

決算セール中の8月に買うと安い!

8月は家電量販店では決算セール中です。

エアコンも売れ残っているけど来年まで持ちたくない在庫がたくさんあるので安くなっています。それを買うのがねらい目!

8月をすぎてしまったら、次は2月もねらい目です。

ヤマダ電機、ケーズデンキ、ヨドバシカメラ、エディオン、Joshinなどは3月が総決算です。

売り上げはその総決算前に伸ばしたいため、安くなるのは2月ということでした。

なので8月もしくは2月に大きな買い物はしましょう^^

勝間さんオススメのエアコンの買い方って?

オススメなのが小さめのエアコンを買って、扇風機を利用する使い方でした。

単に大型・高性能を選ぶのではなく、必要な快適さ・性能を吟味し足りなければ補う発想をもちましょう。

電気代もその分おさえられ、扇風機ならエアコンの10分の1です。

エアコンも小さい部屋のタイプにすれば安く手に入ります。

ただ、電気代のチェックは忘れずに!お店ではエアコンごとにかかってくる目安の電気代が表示されていたりします。できるだけ安くなるよう見ておきましょう。

古いエアコンで月6000円かかっていたものも新しく買いかえれば2790円になったりします。

新しく買いかえるとエアコンの効きもよく、光熱費も抑えられるというわけですね。

最後に

古いエアコンを使い続けるよりも思い切って安い時期に購入するほうが結果的に節約になるかもしれませんね。

その方が体感的にも楽ですし、電気代も気にせず使えますし。

結果的に家計を節約するには大きなお金も必要なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする