サタデープラスのレモン酢で美肌にもダイエットにも効果的!作り方と食べ方は?大場久美子のカッテージチーズおいしそう!

スポンサーリンク

2016年9月17日のサタデープラスでは松崎しげるさんと大場久美子さんがレモン酢生活を実践していました。

血管と肌年齢が若返るということで実践していました。

レモンとお酢を同時にとることで美肌効果にもなります。血圧が高い人にもいい効果が!美味しく健康になりたいならレモン酢ですね^^

スポンサーリンク

レモン酢を夏の終わりに食べると美肌になれる!

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s

石原新菜先生おすすめなのがレモンとお酢を同時に摂取すること。このダブルの効果がとても体にいいらしいです。

レモンポリフェノールというものが肌の活性化・脂肪の吸収を抑制してくれ動脈硬化の予防が期待できます。

この成分は皮に多く含まれています。

ビタミンCも豊富な皮は美白作用や抗酸化作用もありますので肌にとてもいいんだとか。

そしてお酢とレモンを同時にとるのが効果的。

なぜかというとお酢には酢酸が含まれていて血管を拡張してくれます。

レモンのクエン酸は血流を改善してくれます。お酢で広げてレモンで流す!だからこそ理想的なコンビといえるんだとか。

しかも美肌効果が期待できるビタミンCですが、この吸収をお酢が高めてくれます。

クエン酸には他にもカルシウムの吸収を助ける働きもしてくれるので骨の若返り効果も期待ができます。

そしてお腹の調子も整えてくれるので便秘が改善されウエストダウンにもつながっていました。

レモン酢の作り方

◆材料◆

(約12日分)
国産レモン・・・2個
醸造酢・・・400ml
はちみつ・・・60g

◆作り方◆

①レモンをしっかりと洗い水気を拭き取ります。

②輪切り(幅5mm)にしてから8等分します。

③保存瓶にレモン・酢・はちみつを入れかき混ぜます。

④一晩つけ込んだら完成です。

1日に大さじ5杯以上とりましょう。

☆どんなお酢でもOKですが、中でもリンゴ酢はおすすめ。美味しく飲めて肌への効果もUPします。ペクチンが含まれているので腸内環境の改善・肌荒れ防止の効果が期待できます。

☆レモンは国産がおすすめです。輸入ものだとワックスや防カビ剤がついている場合があります。皮ごと食べるものなので国産を選ぶと安心です。

レモン酢の食べ方は?

レモン酢はどのような料理にも相性がいいんだそうです。

たとえばサンマにすだち代わりにレモン酢をかけてみたり。

炒め物やパスタにまぜるとさっぱりと味わえます。

他にもお肉をレモン酢につけて焼けば柔らかくジューシーに調理できます。

マヨネーズと混ぜればタルタルソース風になりますよ。

大場久美子さんはレモン酢を使ってドレッシングをつくったり、ちらし寿司にしていました。

そしてオススメだというのがカッテージチーズです。牛乳と混ぜるとチーズのように固まるんだとか。

レモン酢カッテージチーズレシピ

①牛乳を約70℃に温めます。

②レモン酢を入れて混ぜます。

③ペーパータオルでこせば完成!

ハチミツをかけてデザート風にして食べると美味しいそうです。

レモン酢でやせる! 病気が治る! (一晩で作れる! 血管も肌も若返る特効ドリンク!)

レモン酢で体すっきり! ずっと健康! (TJMOOK)

最後に

レモンの皮ごと食べることが健康効果を期待できるんだとか。

お酢が苦手な方でもレモン酢ならまろやかでおいしく飲めるかもしれません。

健康にいいのに美味しいって素敵!ドレッシングの代わりにもなって便利そうで気になります^^

しかもお通じがよくなってウエストダウンにもつながるみたいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 山崎 より:

    レモン酢の
    レモンの輪切り幅が5㎝って5㎜じゃないんですか?

    • komama より:

      ご指摘ありがとうございます!修正しました。
      5cmってでかすぎですよね(笑)