世界一受けたい授業の3つのスーパーオイルはコレ!油っこくない米油や糖質0なのに甘いマカダミアナッツオイルって??

スポンサーリンク

2016年9月24日の世界一受けたい授業では3つのスーパーオイルの特徴について紹介されました。

米油・エゴマ油・マカダミアナッツオイルは体にいい理由ってなんでしょう。

老化予防や美肌効果、それぞれ役割が少しずつ違います。自分にあった油を適切に使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

体にいい現代人がとりたい3つのスーパーオイル

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

米油

米ぬかからできた米油はスーパーなどでも販売されています。

この米油で天ぷらを揚げても油っこくならずサックリ揚げることができます。

ビタミンEの40~60倍もの抗酸化力をもっているため悪玉コレステロールを退治し、老化予防になります。

他にも自律神経の働きを調整してくれたり、倦怠感や不眠の改善も期待できるそうです。

エゴマ油

現代人が不足しているといわれるオメガ3と呼ばれる脂肪酸が含まれている量が圧倒的におおいのがエゴマ油です。

血液の流れがよくなり動脈硬化の予防になります。

美肌効果・老化予防にもなります。

エゴマ油小さじ1杯→1日分のオメガ3摂取量がとることができます。

注意することは熱を加えないこと!

加熱してしまうと成分が壊れやすくなります。100℃以上にならないように火にかけない料理に使いましょう。

たとえばサラダのドレッシングや納豆、卵かけごはんにかけるなど。みそ汁にいれる場合には食べる直前にいれてください。

保存方法

酸化を防ぐため冷蔵庫で保存し、2か月以内に使い切りましょう。

マカダミアナッツオイル

パルミトレイン酸という成分が含まれており、これが糖尿病予防になります。

このパルミトレイン酸は脳の血管にも入りみ強くしてくれるため脳卒中予防にもつながるといいます。

マカダミアナッツオイルは糖質が0なのですが甘みがあります。

なのでバターの代わりにパンにつけたりという食べ方ができるようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする