バイキングで紹介!ふくらはぎを揉むと冷え症にもダイエットにもなるマッサージって!?

スポンサーリンク

2015年6月1日のバイキングでは槇孝子先生が教えるふくらはぎマッサージについてやっていました。

ふくらはぎを揉むだけでむくみはもちろん、ダイエットや冷え症改善の効果も期待できると言います。

女性にとって悩みの多いこの二つ…改善していきたですよね。

特に産後の方は体調が悪くなりがち、血行をよくして、健康をとりもどしましょう。

スポンサーリンク

5分でできるふくらはぎの揉み方3つ

a0002_008682

血行改善のふくらはぎもみもみ

足の内側

あぐらの体勢になりましょう。

内くるぶしからひざ下へ指でおしていきます。

両手の親指をかさなるようにして、”痛気持ちい”くらいまでゆっくりおします。

このとき、体重をかけながらゆっくり息を吐きながら行ってください。

3~4cmの間隔で必ずくるぶしからヒザ下に向かって押していきます。

これを2回ほどくりかえします。

足の中央

①アキレス腱からヒザ下までを2回もみます。

上記と同様の要領で揉んでいきます。

足の外側

①今度は横座りの体勢になります。

外くるぶしからヒザ下までを2回もみます。(骨のキワあたりからを揉む感じ)

上記と同様に揉んでいきます。

笑顔で緊張をほぐしながら行うといいそうです。にこっと!

ひざ裏もみもみでダイエットに!

①片ヒザを立てて少し胸の方に引きます。

ヒザ裏のコリッとした部分を両手の指先で押さえます。

優しい力で転がすように10回くらい回します。

☆玉を転がすようにソフトに押してくださいね

ヒザ裏のリンパ節をマッサージすることでリンパの流れが改善されます。

そうすることで代謝がよくなり、むくみ解消やダイエットにつながるそうです。

冷え症改善に!アキレス腱をもみもみ

①ヒザ裏同様に右ヒザを立てます。

②アキレス腱を手前にひくようにふくらはぎの下3分の1くらいまでを5回揉みます。

③下部・中央・上部をつかんで手前に引っ張るようにしましょう。

足が冷えるのは足裏の血流が悪くなっているからです。

これを改善するためにアキレス腱のマッサージが有効なんだそうです。

時間がない人にオススメマッサージ法

ふくらはぎを「なでさする」だけでも効果があります!

優しくなでるように足をさすってください。

1日5分ほどやります。

これならテレビを見ながら無意識にもできそうですよね。なでるだけでいいなんて意外すぎますが!

これもちゃんと効果はあるそうです。

そんな槇孝子さんの本、100万部うれてんだよ!と坂上さんも驚いていましたが、それが「長生きしたけりゃふくらはぎを揉みなさい」です。DVD版も発売されているようです。合わせてもっておくと分かりやすくていいかもしれませんね。

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

ふくらはぎをもんで全身やせる! (TJMOOK) (TJ MOOK)

最後に

とにかくふくらはぎを揉む!これだけで日々の健康状態が変わってくるかもしれません。

足が痛かったりすると揉みますが、毎日きにすることはありませんからね。

意識的に揉んだりなでたりすることで血行がよくなるのならば行う価値はありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする