渕上真由のスマホやiPhone写真を撮る裏技!走る子供も料理もかわいく撮ろう!超近距離でもぼけない方法

スポンサーリンク

2016年10月19日のノンストップ!ではフォトグラファーの渕上真由さんがスマホ写真をうまくとる裏技について紹介していました。

写真はスマホで撮るという方は多いとは思いますが、暗くなったり、かわいく撮れない…

そんな悩みを解消するテクニックの紹介です。設定や取り方に工夫すればペットや子供や食べ物の写真も上手にとれます!

スポンサーリンク

スマホで写真をとる裏技

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

暗くなったら太陽マークで調整

景色をとろうとしても逆光でくらくなったり上手くとれないことありませんか?

そんなときには太陽マークを使いましょう。

とりたい景色にカメラをむけるとスマホの画面に太陽マークがでてきます。

この太陽マークをタップ→画面を指で上下にスライドさせることで明るさを調整できます。

グリッド線で構図を決めよう

設定→写真とカメラ→グリッドをタップ

iPhoneでこの設定をするとグリッド線が表示されるようになります。

このグリッド線の交わる点に撮りたい被写体を配置しましょう。

これを利用すれば簡単に物の配置を決められ、初心者でも構図に迷いませんね。

動く子供やペットを可愛く撮る

連写

動き回る子供やペットをとるのは難しいですよね。そういう時は連写しましょう。

1枚の写真だとうまくとれませんが、連写にすることで動きのある躍動感あるものが撮れます。

iPhoneの場合ならシャッターを長押しすると連写になります。

お目めキラキラ

子供の顔が太陽やライトにむくように撮影してあげましょう。そうすることで目がキラキラと光りが入り、より生き生きとした写真を撮ることができます。

花や食べ物を撮る

7cm離して後ろをぼかす

花や食べ物や雑貨をとろうしてもキレイにとれない…それは距離が問題かもしれません。

カメラを向けて、およそ7cmの距離で花や食べ物をタップします。

するとそのタップした後ろがボケてキレイに撮ることができるんです。

被写体から7cmの距離が美しく撮れる距離になります。

タップしてから距離を調整してキレイな位置を見つけましょう。

スマホは逆さに持つ

スマホを逆さに持って撮影してみましょう。

こうするとレンズが下になり、奥行きのある写真を撮ることができます。

食べ物を撮るときは光を入れる

料理の写真は光をとりいれるとキレイにとれます。窓際の光を利用してください。

少し影があるというときには画用紙をレフ版がわりにするということもできます。画用紙などの白い紙がない場合はお店のメニュー表でもOK

これを料理の脇において撮影してみましょう。

ソフトフォーカス&ぼやけない裏技

ワセリンでソフトフォーカス

カメラ機能やアプリをつかわずソフトフォーカスをする裏技です。

レンズにワセリンを少量塗る、指紋をつける、テープを貼るとふわっとした雰囲気の写真を撮影することができます。

レンズに水をつける

レンズに水滴をたらしてから撮影します。すると近距離でもぼけません。防水機能つきのスマホでしかできませんが、かなり近づいて撮影できます。

渕上真由って誰?

今回、写真についてレクチャーされていたのは渕上真由さんというフォトグラファーの方でした。フォトコミュニケーション協会というところで年100回以上の講習を行っているそう。くわしくはこちらのブログから→http://ameblo.jp/one-piece-dreams/

最後に

ノンストップで説明していたスマホというのはiPhoneででのことでしたが、グリッドも光の調整もほとんどのスマホに搭載されているはずなのでお手持ちのスマホカメラでも探してみてください^^

おいしいかわいい料理写真の撮り方 (手持ちのカメラとスマホで撮れるフードスタイリングと撮影の本)

iPhoneでいい写真を撮る魔法のテクニック (エクスナレッジムック)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする