初心者向けレシピ!ABCクッキングが教えるべタっとしないでトンカツをおいしく作る3つのコツ【ヒルナンデス】

スポンサーリンク

2016年11月3日のヒルナンデスでは、大ヨコヤマクッキングのコーナーが放送されました。今日のテーマはトンカツです。

ど素人でも3つのコツさえつかめば誰でもおいしくトンカツが作れます。

ABCクッキングの先生が教えてくれるトンカツレシピとは?

スポンサーリンク

おいしいトンカツの作り方

93332242ffc8cd17b8073cabd4e8272c_s

材料(1人分)

豚肉・・・120g

塩・・・少々

黒コショウ・・・少々

小麦粉・・・約大さじ1

卵・・・約1/2個

パン粉・・・約40g

下準備

お肉のスジに何個所か切れ目をいれます。

こうすると揚げたときにお肉が縮みにくくなります。

コツ①肉をたたく

次に包丁の背でお肉をたたきます。

なぜ叩くのかというとお肉が反り返らなくなるからです。

しかも繊維がほぐれて柔らかくなる効果もあります。

あとは塩と黒コショウをまぶします。

コツ②小麦粉→卵→パン粉

衣をつけましょう。順番は小麦粉→卵→パン粉です。

ベタベタになってしまうので卵よりも小麦粉は先につけましょう。

ちなみに片栗粉はNG!お肉に馴染みにくいので衣がはがれやすくなってしまいます。

卵はお肉にくぐらせる程度につけましょう。つけすぎるとこれも衣がはがれやすくなる原因になるので注意しましょう。

パン粉は約3分おくと衣が馴染み、ジューシーに揚がります

コツ③油の温度と揚げ時間

油の温度は160~170℃と少し低めに揚げましょう。

さい箸を入れて細かい泡が出だしたら約160℃です。

揚げる時間にも注意!時間が長すぎるとお肉が硬くなってしまいます

中火で約3分間でOK

目安はさい箸に微振動が伝わってくればお肉に火が通ったという合図になります。わからなければ3分はかりましょう^^

余熱で5分火を通しましょう。ようするに置いておけばOK

最後に180℃の油で30秒ほど揚げれば衣がカリカリになりますよ。

最後に

ベタつかせないためには衣づけが重要でした。小麦粉をつけたら卵をつけすぎない!パン粉をおいて3分まつ。それから低い温度であげましょう。コツをしっていれば難しい揚げ物も簡単に習得できますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする