あさイチの羽毛布団やセーター長持ちなせる方法!歯を長持ちさせるには歯磨き粉たっぷり!適量は?

スポンサーリンク

2016年11月8日のあさイチでは、いろいろなものの長持ちさせる裏技を紹介していました。

セーターやフリースはくしでとかす?羽毛布団は毎日つぶす!干し方や保存の仕方でもかわります。

歯磨きの正しいやり方で歯も長持ちさせましょう。歯磨き粉の量はたっぷり!適量は?

スポンサーリンク

セーター・フリースの長持ちさせる技

d810585859be667a2534e0287d2d43a2_s

セーターやフリースは毛玉もでてくるし洗濯の仕方も難しいですよね。

でも冬はやっぱりセーターは手放せません。

そんなセーターやフリースを長持ちさせることはもちろん、ふっくらと仕上げる方法です。

フリースは洗う前にくしでとかす

フリースは洗濯をする前にくしでとかしましょう。

髪をとかすあのくしです。

フリースはとくに使用していると毛先がぺたんとたおれてふわふわ感がなくなりますよね。ゴワゴワのがちがち。そうなってしまったフリースもふわふわに戻せます。

ぺったりと寝てしまっている毛をおこすようにくしでとかしましょう。縦横左右、さまざまな方向からとかしてください。

セーターを長持ちさせる方法

①ブラシでホコリを落とす

セーターを長持ちさせるには、帰宅後にブラシでホコリを落とすことです。エリや袖は重点的に。

②毛玉を取り除く

毛玉を取り除きます。ここで便利なのが先ほどと同じ、髪をとかすくしです。

くしでとかすと毛玉がとれます。

コツは、くしを入れる方向と逆の方向にセーターを引っぱりながらとかします。毛玉はすくいとるようにとりましょう。

それでもとれない毛玉はハサミできりとります。

③一晩放置

イスなどにかけて一晩放置します。

こうすることで汗が消え、カビやニオイから守ることができます。

洗濯のやり方

フリースもセーターもネットにいれましょう。

洗濯・すすぎは短時間に行います。

洗濯も脱水3分以内でやります。やりすぎるとまたガチガチになってしまいます。

フリースの干し方

フリースを乾燥機にかけましょう。これも短時間で。温める程度でOK

ふわふわ感を保つことができます。

乾燥機がない場合は、ドライヤーをかけましょう。ドライヤーの温風を5分あててふっくらさせます。

とはいえこれをやるのもちょっと面倒だなという方にオススメな方法もあります。

洗ったあと、10回パタパタと強めにフリースを振ります。あとは形を整えて干すだけです。

歯を丈夫に長持ちさせる歯磨きのやり方

フッ素入り歯磨き粉を使う

市販の歯磨き粉のほとんどがフッ素入りです。表示に「フッ化ナトリウム」や「モノフルオロリン酸ナトリウム」などの表記があれば間違いありません。

このフッ素が虫歯を予防し、歯を強くしてくれます。

具体的な効果は、歯の成分が戻るのを助けて歯質を強くしたり虫歯菌の働きを弱めてくれます。

歯医者さんによくすすめられるこちらのチェックアップという歯磨き粉おすすめです^^

歯ブラシは水にぬらさない

歯ブラシをまず水にぬらして歯磨き粉をつける方は多いと思われますが、実は間違い。

水にぬらしてしまうことで歯磨き粉のフッ素を洗い流してしまいます。フッ素をきちんと歯にとどまらせたいので水にはぬらさず、ちょくせつ歯磨き粉をつけましょう。

歯磨き粉はたっっぷりと

歯磨き粉の適量は…たっぷりです。かなりの量をたっぷりとつけていましたね。

歯ブラシをおおってしまうほどのたっぷりとした量でした。

これが虫歯予防に効果的な量だといいます。

歯磨き粉の量をグリンピースに例えるとこんな感じ。

3~5歳・・・グリンピース1個分

6~14歳・・・グリンピース2個分

15歳以上・・・グリンピース3個分

ただし、3歳未満の子は歯科医師に相談しましょう^^

うがいができない2歳の私の息子も歯磨き粉を使っています。そういう子でも大丈夫だということを以前健康相談の場で聞きました。先端にちょっとだけつける程度ですが。

均一に歯磨き粉をぬる

歯を磨く前に歯磨き粉を均一に塗りましょう。全体の粘膜に均一にフッ素が蓄えられ歯をまもってくれます。

まずは歯磨き粉を塗る、それから細かく磨きましょう。

歯磨きのポイント

①毛先を歯と歯茎の間に45度当てます

②力をいれずに往復20回以上磨きます。

ゆすぎは少ない水で5秒間

ゆすぐときの水の量は15mlです。大さじ1ほどの少ない量です。

この量の水を口にいれ、5秒間を1回だけでOK

口の中に歯磨き粉が残っているような感覚になるはず。これでフッ素が歯に残ってくれるので虫歯予防に効果的なんです。

あさイチ!歯周病と虫歯の原因は口内フローラ?予防の方法6つのポイントと歯周病のセルフチェック!

羽毛布団をふかふかと長持ちさせる方法

丸めてつぶす

いつのまにかぺたんこになってしまっている羽毛布団ですが、これを防ぐ方法があります。

それが毎日、起きたら羽毛布団をたたみ、うえから潰して空気抜くことです

これを行うと汚れが付くのを防ぐことができます。

干すときはたたかない!

羽毛布団を干すときの注意点です。

干したときに布団をたたきでたたかないようにしましょう。たたくと羽毛の枝がちぎれてしまいます。

外に干すことができない場合は、ベッドの上で裏・表とひっくりかえすだけでもOK各20分おこなってください。

木綿布団→晴れた日には干しましょう

羊毛布団→1週間に1回干しましょう

表裏2時間干すのが目安です。

圧縮袋はNG!袋にいれる

布団をしまい込むときには圧縮袋をやめましょう。

スペースの関係上圧縮したくなりますが、そうすると寿命が縮まります。布団用の袋にいれましょう。

洗うペースは何年?

毎年洗う必要はありません。

洗うとしたら、男性は3年に1回女性は5年に1回程度あらいましょう。

コインランドリーやクリーニング店で洗うことができますよ。

クリーニング店の場合およそ5千円~1万円ほどです。

最後に

羽毛布団もセーターもふわふわのまま保てるんですね。毎日の少しの気づかいで長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする