なにこれかわいい!ポンポンメーカーで動物ぽんぽんを作ろう!クリスマスツリーのオーナメントにもOK

スポンサーリンク

2016年11月16日のノンストップ!ではハンドメイドで人気がたかまっている”動物ぽんぽん”について作り方を紹介していました。

まんまるな立体的な顔がかわいい白くまやりすや色々な動物を簡単に作ることができます。ポンポンメーカーというものを使えばすぐに作れるんだとか。

スポンサーリンク

黒田翼の動物ぽんぽんの作り方

460e8a341ae0c56d13ec963d1b853beb_s

材料

65mm用ポンポンメーカー

手芸用はさみ

毛糸

フェルティングニードル

羊毛フェルト

目パーツ

ボンド

フェルト用の針・マット

作り方

ポンポンメーカーで土台づくり

①ポンポンメーカーの片側を開き固定します。毛糸の端を親指で押さえずらしながら巻いていきます。幅が均等になるように250周程まきましょう。

☆きっちりキツク巻いているとジャストにまん丸な円ができます。

②巻き終わったらポンポンメーカーを閉じ、毛糸を切ります。

③ポンポンメーカーの反対側を開き、グレーの毛糸を右端から1cmの幅15周程まきつけます。

④最後は毛糸を左手の人差し指の上にかけて隙間をくぐらせ引き締めます。続きから白の毛糸を240周程まきます。

⑤ポンポンメーカーの溝に合わせて中心にハサミを入れます。40cm程度に切ったタコ糸をポンポンメーカーの溝にかけ縛ったらポンポンメーカーから外します。

ハサミと針で鼻を作ろう

①鼻になるグレーの部分のまわりをカットします。

☆鼻の高さが1cm~1.5cmになるように土台の毛糸をカット

②鼻をかるくつまみ、フェルティングニードルで5分ほど刺し続けます。フサフサという音からザクザクという音に変わるのが固まった合図。

③顔全体が丸くなるように毛糸をカットします。

羊毛フェルトでパーツづくり

①黒の羊毛フェルトをほぐし、フェルティングマットの上で端から丸めます。最後2cmだけのこすようにしましょう。丸めた部分はフェルティング用の針で20回ほど刺し固めます。

②鼻をつけたい場所に固めていない羊毛フェルトの先端部分を当て、針で数回さして固定します。

③耳、目も同じ手順でつけていきます。

目をつけて命をふきこむ

木工用ボンドをつまようじにつけ目のパーツを差し込めば完成です。

目の位置は鼻の近くにつけたら幼くなり、ちょっと話すと大人びた白くまになりますよ。お好みで決めてくださいね^^

動物ぽんぽん何につかう?

この動物ぽんぽんは白くまも作れますし、リスやライオンや鳥、さまざまなアレンジができます。まんまるなこの動物たちですが、後ろにピンをつければブローチにもなりますしカバンにもつけられます。

それからクリスマスツリーのオーナメントにもなりますよ。さまざまなアレンジをしてかわいい小物をかざってSNSなどにアップしてみてはいかがでしょう。

動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット

ディズニーツムツム ボンボンマスコット (レディブティックシリーズno.4282)

最後に

動物ぽんぽんかわいいですね。こどものカバンや服につけたらよさそうじゃないですか?かわいい。リアルツムツムがつくれる本もありました。ニードルでぷすぷすさすのも楽しそうですし、クリスマスにもいいですね。動物だらけのクリスマスツリーも個性的で子どもにも喜ばれそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする