めっちゃ楽じゃない?15分ほったらかし真空料理で本格スペアリブ&解凍モードでレンチンさつまいもが簡単甘い!

スポンサーリンク

2016年12月8日の得する人損する人ではポリ袋を使った真空料理を紹介していました。15分加熱するだけやわらかジューシーなスペアリブが堪能できるんだとか。応用すればどんな料理にも使えるし、同時調理が簡単にできますね。レンチンでさつまいもを甘くする方法も紹介。解凍モードで20分でできますよ。

スポンサーリンク

15分ほったらかしで本格スペアリブ

ba23f9b0fa05785e2be8359d6d3c605a_s

材料

スペアリブ(豚)・・・2本

しょうゆ・・・大さじ1

ハチミツ・・・大さじ1

オイスターソース・・・大さじ2

舞茸

作り方

①ポリ袋に材料をすべていれ、揉みこんだら真空になるよう空気をぬいて口を閉じます。

☆ポリ袋は高密度ポリエチレンという耐熱タイプのものを使用します。

☆真空にすることと舞茸をいれることで肉がやわらかくなります。

②湯を沸騰させ、ポリ袋ごといれたら15分弱火で加熱すれば完成です。

ほったらかしの応用料理

オムレツ

スペアリブと同様にポリ袋調理でオムレツもできます。袋に卵とミックスベジタブルをいれ真空パックします。加熱時間は卵1つにつき5分ほどで完成です。

パスタ

ポリ袋にパスタと多めのソースをいれて真空パックします。ゆで時間は通常より2分プラスで完成します。ソースがからまり生麺のような食感になるそうです。

1つの鍋でOK

これらのほったらかし料理は1つの鍋で同時に作ることが可能です。

解凍モードでレンチン焼きいも

材料

バター・・・5g

しょうゆ・・・小さじ2

作り方

①バターとしょうゆを混ぜ、電子レンジで30秒加熱します。

②さつまいもをよく洗ったら、クッキングシートでおおい、端をキャンディのように包みます。バターしょうゆをいれたら、もう一方もキャンディ包みにします。

③お皿に乗せラップをし、通常モードで500W2分加熱します。

④次に解凍モードで20分加熱したら完成です。

ゆっくり加熱することで甘い焼きいもが作ることができ、ホクホクにもなります。そしてバターしょう油をいれることで香ばしく石焼いものような風味にもなるんだそう。

もちろん、バターしょう油をいれなくてもホクホク甘いさつまいもを作ることができます。自分のお好みの味でためしてみてください。

最後に

さつまいもをトースターやオーブンで作るこちらの作り方(あさイチ!冷凍もできる!?激甘スイーツ安納芋の焼きいもをおいしく作る3ポイント)もありますが、レンチンでもおいしくできるものなんですね。レンチンの方が時間が短いので作りやすそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする