きょうの料理の城戸崎愛のフライパンひとつでフレンチローストビーフ&オーブンなしで作れる!簡単ムース・オ・ショコラのレシピ

スポンサーリンク

2016年12月21日のきょうの料理では谷原章介さんが城戸崎愛さんにローストビーフを教わりにいっていました。フライパンひとつでできるローストビーフ、こんがりと焼いて中はレアに仕上げましょう。もう一つはムース・オ・ショコラというお菓子。オーブンも使わない、冷やし固めるムースは簡単なので子どもと一緒に作っても楽しそう。

スポンサーリンク

フレンチローストビーフ

材料(6~8人分)

牛ランプ肉(ステーキ用/塊肉)・・・約800g

塩・・・小さじ1

コショウ・・・少々

サラダ油・・・大さじ3

バター・・・大さじ1/2

ブランデー・・・大さじ1

*ソース*

水・・・大さじ5

トマトケチャップ・・・大さじ4

ウスターソース・・・大さじ2

作り方

肉を焼く

①牛肉の側面に2周程タコ糸をまき、厚みを持たせるようにしばります。塩・コショウをします。

②サラダ油とバターを熱し、牛肉を中火で約5分、焼き色がつくまで焼きます。

焼き汁をかけながらじっくり火を通すとパサつかず柔らかく仕上がります。

③上下を返し、さらに5分間焼きます。肉の側面にも焼き色をつけるように2~3分間焼きます。火の通りは金串を約1分間さして確認します。やけどに注意しましょう。

④ブランデーを加えます。炎がでるので少し離れて注意しながら加えてください。

⑤火からおろしたら肉を斜めに傾けて置き、しばらく休ませます。

ソース作り

①肉汁の残った鍋に水をいれ、半量になるまで中火で煮詰めます。

②トマトケチャップ・ウスターソース、そして休ませている肉からでてくる肉汁も一緒に加えましょう。

盛りつけ

肉をそぎ切りに切ったらソースを添えて完成です。

ムース・オ・ショコラ

材料(ココット皿6個分)

板チョコレート(ビター)・・・100g

バター(食塩不使用)・・・大さじ1

ブランデー・・・大さじ1

卵黄・・・3個分

バニラエッセンス・・・適量

卵白・・・3個分

ココアパウダー・・・少々

ライスアーモンド・・・少々

作り方

①板チョコレートをボウルにいれ、熱湯を注ぎます。竹串をさして倒れたらOK。お湯を小さじ1文だけ残してあとは捨てます。

ボウルの縁から熱湯を静かに注いでチョコレートを溶かしましょう。

②チョコレートをかき混ぜてとかしたらバターとブランデーを加え混ぜます。

③卵黄を1個づつ加えその都度混ぜたらバニラエッセンスも加えます。

④別のボウルに卵白をいれ、底を氷水に当てながら泡立ててメレンゲを作ります。

☆すくうとツノがたち落ちない程度の堅さになればOK

⑤メレンゲの1/3量を③のチョコレートに加えてよく混ぜます。残りの半量も同じように混ぜます。最後の残りのメレンゲは加えたら泡を消さないようさっくり混ぜましょう。

⑥ココットにいれたら冷凍庫で1時間冷やし固め、食べる30分前に冷蔵庫に移します。ココアパウダーをかけたらフライパンで炒ったライスアーモンドを添えて完成です。

NHKテキスト きょうの料理 2016年 12 月号 [雑誌]

食は生きる力 91歳、現役料理家の命のレシピ

最後に

外はこんがり、中はレアのローストビーフ、クリスマスに作れば喜んでもらえること間違いないですよね。じっくり油をまわしかけて焼くだけ。お菓子もそえれば立派なごちそうです。ぜひクリスマスのメニュー作りに加えてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする