サタデープラス弱火調理人水島流!めちゃくちゃ簡単すぎるローストビーフ&煮崩れない肉じゃがレシピとは

スポンサーリンク

2016年12月24日のサタデープラスでは弱火調理人の水島弘史さんの肉じゃがとローストビーフの作り方が紹介されました。教わったのは全開と同じく紫吹淳さん。

初心者でも肉づれもない煮込まない肉じゃがが簡単につくれます。ローストビーフは覚えるのも簡単すぎる誰でも作れるレシピになっています。

クリスマスや年末の料理にぴったり。一緒にオーブンにいれるブドウにも注目。火を通すことで甘みが凝縮されまるでワインのような味わいになるんだとか。

スポンサーリンク

煮込まない肉じゃが

材料(2人分)

じゃがいも(男爵)・・・270g

玉ねぎ・・・60g

牛スライス・・・80g

しょう油・・・15g(大さじ1)

絹さや・・・6枚

酒・・・20cc

塩・・・1g(小さじ1/5)

砂糖・・・15g(大さじ1)

水・・・150・200cc

作り方

①フライパンに水と塩(0.8%)をいれ、肉・ジャガイモ・玉ねぎをいれ、5分ほど弱火にかけます。

☆55度~60度まで加熱しましょう。最初に弱火にかけておけばお肉も固くなりにくくなります。

②火からおろし、お湯で洗います。

③フライパンに材料をもどし、強火で炒めます。酒・水・砂糖・塩・しょう油を加えて混ぜます。

④落し蓋をして汁気がある程度とんだら完成です。

失敗なしで簡単!ローストビーフの作り方

材料(2人分)

牛肉(肩、モモ等)・・・500g

塩・・・小さじ2/3

コショウ・・・適量

作り方

①120度にオーブンを予熱します。

②肉全体に油を塗ります。網付きのバットにのせ、オーブンへ。その隣にブドウを置き一緒にオーブンに40分かけます。

☆ブドウに火を通すことでワインのように凝縮した甘みを感じることができるんだとか。

③焼き始めて20分後、肉だけ一度ひっくり返します。さらに20分焼きとりだします。

④肉全体に塩をふり、強火で表面に焼き色がつくまでフライパンで焼きます。

☆弱火調理なので固くもならず、冷めてもジューシーさをキープできます。

弱火コントロールで絶対失敗しない料理

野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

最後に

なんとも簡単なローストビーフ。油をぬってオーブンにいれて強火で焼き色をつけるだけ。覚えるのも簡単なレシピですね。一緒にいれたブドウの味もきになります。クリスマスにぴったりな料理、簡単なこのレシピでディナーをおいしく豪華に作ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする