え?簡単すぎるおせち料理!15分でローストビーフ&手羽元の紹興酒づけ&はんぺん伊達巻き&数の子の炊き込みご飯レシピ

スポンサーリンク

2016年12月29日のヒルナンデス!では短時間に簡単にお正月にぴったりな豪華なごちそうを作れるメニューを紹介していました。

村田シェフが作るのは炊飯器にいれるだけの数の子炊き込みご飯とはんぺんで作る簡単伊達巻きです。ローストビーフのレシピはなんと15分。フライパンだけで作れます。

手羽元の紹興酒づけはもっと簡単、煮込むことをしません。余熱調理で包丁もなにも使わず漬け込むだけで完成します。

初心者でも料理が苦手さんや忙しい人でも立派なご馳走がつくれるレシピです。

スポンサーリンク

村田シェフの数の子の炊き込みご飯

材料(4人前)

米・・・2合

水・・・400ml

料理酒・・・18ml

おろし生姜・・・小さじ1/2

作り方

①数の子を細かく手でほぐし、カマボコ・レンコンは一口サイズに包丁でカットします。

②米・水・料理酒・おろし生姜を混ぜ、切った具材をその上に加えたら炊飯します。

③ゴマ・おかか・万能ねぎを混ぜたら完成です。

村田シェフの簡単伊達巻き

材料(4人前)

はんぺん・・・1枚

卵・・・4個

砂糖・・・大さじ2

みりん・・・大さじ4

しょう油・・・少々

作り方

①はんぺんをザルなどにいれて裏ごししながら細かくすりつぶします。

②卵とはんぺんをよくかき混ぜたら砂糖・みりん・しょう油を加えてまた混ぜます。

③フライパンが温まったら強火にします。濡れぶきんにフライパンをおいてからコンロにもどします。

☆熱を均一にするため濡れぶきんに一度おきます。これなら焦げ付きません

④中火にし、細長く生地をながします。2分ほど焼きひっくり返します。裏面は弱火で2分焼きます。

⑤巻きすやアルミホイルの上に生地を置き、横に包丁で2か所ほど切れ目をいれたらハチミツを塗ります。生地を巻き、冷めるまで10分ほど置けば完成です。

☆巻きすがなければアルミホイルでも代用可能です。

3日日持ちする!手羽元の紹興酒づけ

材料(4人前)

手羽元・・・10本

*タレ*

紹興酒・・・300ml

砂糖・・・150g

しょう油・・・150ml

塩・・・10g

大葉・・・5枚

作り方

①手羽元を熱湯に入れます。再沸騰したらフタをして火を消し、15分まちます。

②火が通ったら氷水につけます。

☆氷水につけるとプルプル食感になります。

③タレの調味料をすべていれて砂糖が溶けるまでかき混ぜます。

④大葉をよく揉み香りがでたらタレに加えます。手羽元を15分ほど漬け込んだら完成です。

茂木シェフの簡単時短のローストビーフ

材料

牛もも肉・・・500g

オリーブオイル・・・大さじ1

玉ねぎ

にんじん

セロリ

白ワイン・・・大さじ4

ブイヨン・・・小さじ1/2

水・・・500ml

バター・・・6g

作り方

①肉をフォークでさします。塩・コショウを肉全体にすりこみます

☆肉は常温に戻したものを使いましょう。

②オリーブオイルをフライパンにいれ強火で肉を焼きます。面を変えながら5分ほど焼いたらフライパンからとりだします。

③玉ねぎ・にんじん・セロリの香味野菜をカットします。②のフライパンでしんなりするま中火で炒めます。

☆玉ねぎの皮やにんじんのヘタなどのくず野菜でもOK

④肉を戻し入れ、白ワイン・ブイヨン・水を加えフタをします。火が通ればOK

⑤肉をアルミホイルで巻き余熱で5分おきます。

⑥野菜はザルでこし、水溶き片栗粉といっしょに鍋にいれとろみがつくまで中火で煮詰めます。最後にバターを加えてお好みでブラックペッパーをかけて完成です。

最後に

おせちって難しいはずなのにこれなら簡単に手早くご馳走を作ることができますね。手羽元は余熱調理なのでガス代も節約になって簡単すぎます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする