きょうの料理 谷原章介が飯塚宏子に教わるパスタから作る!本格ラザニアレシピ

スポンサーリンク

2017年1月18日放送のきょうの料理では谷原章介さんが飯塚宏子さんにイタリア料理のラザニアを習っていました。パスタから作り、ミートソースにホワイトソース、ゆで卵もはさんだおもてなしにぴったりな料理です。家族や友人に披露すれば喜ばれることまちがいなし。

スポンサーリンク

飯塚宏子のラザニアの作り方

材料

*ラザニア用パスタ10~12枚*

  • 強力粉・・・200g
  • 薄力粉・・・200g
  • 卵・・・3~4個
  • 塩・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ1と1/2

*ミートソース(25×25cmのグラタン皿1コ・10~12人分)*

  • オリーブオイル・・・大さじ2~3
  • にんにく(薄切り)・・・2かけ分
  • たまねぎ(根をのこしてくし型に切る)・・・1個分
  • セロリ(長さを2等分する)・・・1本分
  • にんじん(すりおろす)・・・1/2本分
  • 牛ひき肉(赤身)・・・600g
  • トマト水煮(缶詰/ホールタイプ)・・・4缶
  • 赤ワイン・・・カップ1
  • ローリエ・・・1枚
  • 塩・コショウ・・・各適量

*ホワイトソース*

  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • バター・・・30g
  • 小麦粉・・・50g
  • 牛乳・・・カップ3
  • ナツメグ(粉末)・塩・コショウ・・・各少々

*ラザニア*

  • パルメザンチーズ・・・カップ1/2
  • ゆで卵(薄切り)・・・4個分
  • モッツァレラチーズ(一口大にちぎる)・・・300g

ラザニア用パスタ

①強力粉と薄力粉を混ぜ、土手をつくります。真ん中に卵と塩・オリーブオイルを入れ、フォークで混ぜます。徐々に粉も混ぜ、まとまってきたら手でこねます。

②ぬれ布巾をかぶせて20分間ほど休ませます。

③小さくちぎり、パスタマシンで一番太い麺設定し、のばします。半分に折り曲げ、90度にまわして再びマシンにかけます。4,5回繰り返します。

パスタマシン パスタメーカー 厚さ7段階調節 
④次は中太の麺に設定し、③の麺を1度づつのばします。最後に一番薄い麺になるよう設定し、のばします。

☆0.5mmの厚さ程度になるまでのばしましょう。パスタマシンがなければ麺棒で。

⑤オリーブオイルを小さじ1と塩小さじ1~大さじ1を鍋にいれパスタを茹でます。浮いてきたら冷水にとってからペーパータオルで水気をとります。

ミートソース

①オリーブオイルとにんにくを香りがでるまで中火にかけます。玉ねぎ・セロリ・にんじん・ひき肉を加えたら強火で炒めます。

②肉の色が変わったらトマト缶・ワイン・ローリエを加えて煮詰めます。

③煮えたら野菜を取り出し、塩コショウをで味を調えて完成です。

ホワイトソース

①オリーブオイルとバターを弱火にかけ、小麦粉・牛乳を加えて混ぜます。

☆泡だて器で混ぜるとダマになりにくいです。

②なめらかなとろみがでてきたら、ナツメグ・塩・コショウで味をととのえて完成です。

ラザニア

①バターを耐熱容器に薄く塗ります。パスタを側面からはみだすようにのせます。穴がないようにパスタでうめていきましょう。

②ミートソースを端までしき、パルメザンチーズをかけます。

③パスタを縦横交互になるようにしき、隙間なく埋めます。容器からはみ出るように置きましょう。

☆パスタを縦横交互に並べるとソースが混ざりにくくなります。

④ホワイトソースをしき、ゆで卵とモッツァレラチーズをのせます。

⑤パスタをまた縦横交互になるようにしきます。容器からはみでないようにします。

⑥容器がいっぱいになるまで繰り返します。最後はミートソースの上にゆで卵・モッツァレラチーズをのせ、パルメザンチーズをふりかけます。はみでたパスタを中におりまげます。

⑦240℃に温めたオーブンで20分焼いて完成です。

NHKテキスト きょうの料理 2017年 01 月号 [雑誌]

最後に

パスタから作る本格的なラザニアですね。おもてなしに作ってあげたら絶対よろこばれそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする