世界一受けたい授業の佐藤秀美が教える風邪予防レシピ4選!落合務のアボカドトマトのオリーブオイル鍋

スポンサーリンク

2017年2月4日の世界一受けたい授業では佐藤秀美先生が食事での風邪予防法を紹介していました。白菜のミルフィーユ鍋にはカマンベールチーズをいれる!?塩レモン鍋や落合務シェフが考案するアボカドトマトのオリーブオイル鍋には血液をサラサラにする効果があるそう。

スポンサーリンク

カマンベールチーズ入りミルフィーユ鍋

白菜とベーコンのミルフィーユ鍋にはカマンベールチーズをいれます。免疫活性を高める効果が期待できるペプチド・乳酸菌が豊富で風邪予防になるんだとか。

ミルフィーユ鍋の真ん中に食べやすく切ったカマンベールチーズを入れ、チーズが溶けたら食べごろです。お好みで黒コショウで食べましょう。

しめにはご飯をいれたらチーズリゾットとしても楽しめます。

免疫力がアップするには春菊と鶏肉の鍋

春菊には免疫力を高めるβカロテンや食物繊維が含まれています。鶏肉には免疫細胞の原料となるタンパク質、粘膜を強化するビタミンAがあり、免疫力を高めてくれます。

肌の老化を遅らせる塩レモン鍋

塩レモンの鍋にパクチーをプラスしましょう。パクチーには強い抗酸化作用を持つビタミンCとβカロテンが豊富に含まれているので肌の老化を遅らせてくれる効果があります。

スープは鶏ガラベースになっていて、塩レモンのスライスと合わせ、パクチーを加えてみてください。

落合シェフのアボカドとトマトのオリーブオイル鍋

アボカドとトマトには血液をサラサラにする働きがあります。そんな食材を使った鍋を落合務シェフが考案しました。

①オリーブオイルでニンニク、唐辛子、長ネギ、アンチョビを炒めます。炒めたら唐辛子だけはとりだします。

②トマトジュースを入れて煮詰め、水を加えて塩で味を調整します。

③舞茸・えのき・ズッキーニ・サニーレタス・鶏むね肉とエビのつくねをいれます。

④鶏がらスープの素と粉チーズで味を調えます。

⑤アボカドと湯むきしたトマトをのせて完成です。

おすすめの食べ方はスープをよそわず具材にエクストラ・バージンオイルをかけて食べることです。しめには短く切ったパスタをいれて茹でることだそうです。

料理は科学でうまくなる: プロも守る“絶対のコツ”が、どんどん身につく本! (KAWADE夢文庫)

最後に

いつも食べる鍋もちょっと工夫するだけで栄養価がアップし、風邪対策にもなるんですね。インフルエンザも流行っています。免疫力を高めて風邪や病気しらずな体になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする