サタデープラスの弱火で初心者でも簡単プロのチャーハン&餃子を作れる水島レシピ

スポンサーリンク

2017年2月4日のサタデープラスでは弱火調理で作るプロ級チャーハンと餃子のレシピを水島シェフが紹介していました。弱火なので初心者でも失敗なく、おいしく作ることができます。パラパラチャーハンを作るこつは水で洗うこと!

チャーハンも餃子も火をつける前に油と具材をいれるので油ハネも心配なし。簡単美味しくつくりましょう。

スポンサーリンク

弱火でプロ越え?!水島流チャーハンの作り方

材料(1人分)

  • 炊いたご飯・・・100g
  • サラダ油・・・小さじ2杯
  • 水・・・大さじ3
  • 卵・・・1個
  • 長ネギ・・・15g
  • レタス・・・20g
  • ハム・・・30g
  • 塩・・・1.4g
  • コショウ・・・ミル2回転
  • ごま油・・・2g

作り方

①レタス・ハム・ネギを切り、卵を溶きます。

②ボウルで受けたザルにご飯を入れ大さじ3杯ので粘りを洗い取ります。サラダ油を加え混ぜてご飯をコーティングします。

火にかける前のフライパンに油と溶き卵をいれます。弱火をつけ、焦げないよう2分間加熱します。

④卵が半熟状態になったら洗ったご飯をいれ、ゴムベラで切るように混ぜます。

☆このときフライパンは振りません!ひたすら弱火で切るように混ぜましょう。

⑤ご飯と卵が絡んだらフライパンで一番熱くなる真ん中を開けます。その中でネギを炒めます。ネギをご飯に混ぜ、ハム・レタスをいれて塩で味付けします。

強火にしてフライパンの真ん中を開け、底の部分にごま油を入れます。コショウを振り、全体に馴染ませて完成です。

餃子も弱火でプロ級に!水島流の作り方

作り方

①塩をふった豚ミンチをすりこぎ棒で練ります。白菜を刻み、加えます。

☆白菜はしぼらずにそのまま使いましょう。

②ニラ・ショウガ・ニンニク・ごま油・しょう油・砂糖・コショウを混ぜ合わせます。スプーン大の大きさに取って餃子の皮で包みます。

火をつける前のフライパンにをひき、大さじ1杯半のを加えます。円形になるように餃子を並べてから弱火にかけます。フタをしたらあとは10分放置です。

☆フライパンの底の油により皮の下部分が焦げずに焼きあがります。

④フタをとり、強火で30秒加熱して焦げ目をつけて完成です。

弱火コントロールで絶対失敗しない料理

野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

最後に

弱火調理で餃子の肉はジューシーになりチャーハンもパラパラになるそう。初心者でもプロにまけない料理がこれでできるはず!そんな水島シェフの他の弱火調理記事はこちら。

サタデープラス!水島流のビニール袋でブリ大根とシチューの煮込まない弱火調理レシピ
2016年11月19日のサタデープラスでは弱火調理人こと水島弘史さんがブリ大根とシチューの煮込まない作り方を紹介していました。煮込み料理なの...
サタデープラス弱火調理人水島流!めちゃくちゃ簡単すぎるローストビーフ&煮崩れない肉じゃがレシピとは
2016年12月24日のサタデープラスでは弱火調理人の水島弘史さんの肉じゃがとローストビーフの作り方が紹介されました。教わったのは全開と同じ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする