なるほどレストラン、あめ色玉ねぎを簡単に作る方法と煮崩れしない煮魚の焼き方

スポンサーリンク

2015年6月9日放送のなるほどレストランでは、あめ色玉ねぎを5分で作る方法がやっていました。

それには冷凍を使うんだそうです。するとあっという間にできてしまうんだとか。

そしてもう一つ、煮崩れしない煮魚の焼き方です。

この焼き方なら煮崩れなし、しかもおかずがもう1品同時に調理できて一石二鳥ですよ。

スポンサーリンク

冷凍たまねぎであっという間にあめ色に!

冷凍していた玉ねぎをフライパンで炒めます。

すると5分あまりであめ色になってしまうんだそうです。

これは、冷凍したことにより細胞組織が破壊され、組織内の糖分がでやすくなっているからです。

ここに熱を加えることであめ色に変化していきます。

これなら簡単かつ短時間でオニオンスープなど、手の込んだ料理がつくれますよね。

煮崩れしない煮魚の作り方

209187487b41a0065611e48ab7a712ca_s

煮魚と一緒に入れるのはコンニャクです!

するとなぜか煮崩れなく、できてしまいます。

これはコンニャクがクッションとなり魚が煮崩れしにくくなるからです。

本来は煮汁が対流をおこし、魚が安定しないことでどんどん煮崩れがおこるのですが、コンニャクがあることで煮魚は安定するためキレイに仕上がるというわけです。

◆作り方◆

①沸いた煮汁にコンニャク250gをいれます。

②魚を2切れコンニャクの上にいれます。

③落とし蓋を置き、弱火で15分煮込むと完成です。

コンニャクをいれるだけで煮崩れしらずでふっくら炊きあがります。

そして、コンニャクは小鉢としてだせばもう1品ちがうおかずになりますよ。

煮崩れもなく、おかずも2品つくれるこの作り方お得すぎます!

最後に

カレイの煮つけはどうしても煮崩れがおこってしまうのが悩みでした。

今回のこの技はすごく役立ちそう!

今度ぜひこの方法ためしてみたいですね。

この方法を紹介してくださった佐藤秀美さん、他にもなるほどレストランでハンバーグの肉汁をたっぷり出す方法や冷凍肉の解凍方法も→なるほどレストラン、ハンバーグをふっくら肉汁たっぷりに!冷凍肉の解凍のコツとは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする