きょうの料理 栗原はるみの”きのこスープ鍋”&”きくらげとねぎの2種でれんこん餅”レシピ

スポンサーリンク

2017年2月9日のきょうの料理では栗原はるみさんのきのこ鍋スープの作り方を紹介していました。

栗原はるみの定番ごはん、アンディさんとのかけあいが私は好きです。なんだかほっこりするんですよね。今回はきのことれんこんのメニューで素朴だけど飽きない食事になっています。煮込み時間もいらない食材なので簡単にできそう。

スポンサーリンク

きのこスープ鍋の作り方

材料(4人分)

  • えのきだけ・・・1袋(100g)
  • しいたけ・・・1パック(150g)
  • しめじ・・・1パック(100g)
  • まいたけ・・・1パック(100g)
  • ゆでたけのこ(小)・・・2個(150g)
  • 絹ごし豆腐・・・1丁(350g)
  • 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・100g
  • 紹興酒・・・大さじ3
  • しょう油・・・大さじ3~4
  • 薄口しょうゆ・・・大さじ2
  • オイスターソース・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • スープ・・・カップ8(ペースト状中華スープの素大さじ1を湯カップ8で溶いたもの)

作り方

①えのきだけは4cmの長さに切り、細かくほぐします。しいたけは厚みを半分にし千切りにします。しめじとまいたけも細かくほぐします。きのこはお好みのものでなんでもOK

具材は細かく切りそろえスープを際だてましょう

②ゆでたけのこは4cm長さの千切りにします。豆腐も4cm長さの棒状に切ります。豚バラは1cm幅に。

③鍋に調味料を全て加え火にかけます。

具から水分が出るので味付けは少し濃いめにしましょう

④具材を鍋にいれます。火が通れば完成です。

豚肉→きのこの順に加え うまみをスープに移します。
☆好みで酢・花椒(ホワジャオ)・七味唐辛子・ラー油・すだち・柚子を加えてお召し上がりください。

【ふるさと納税】特産きのこ6種詰合せ

最後のしめに

きのこ鍋のしめは春雨です。

春雨(乾)・・・100gを熱湯で数分間ゆでます。汁けがなくなるまでよく煮込めば完成です。
ムソー 国内産 春雨(100g)[春雨 ダイエット食品]

ねぎ&きくらげ2種のれんこん餅の作り方

材料(3~4個分)

  • れんこん・・・1節(正味100g)
  • きくらげ(乾)・・・3g
  • 細ねぎ・・・30g
  • 白玉粉・・・100g
  • 塩・・・少々
  • 白ごま・・・適量
  • ごま油・・・少々

作り方

①れんこんは皮をむき、すります。水にもどしたきくらげは千切りにし、ねぎは小口切りにします。

れんこんをすりおろしてもっちり感を出します。

②白玉粉にすりおろしたれんこんと塩と水を加えながら混ぜます。

水を少しずつたしながら耳たぶほどの固さにします。

③1種類はねぎを加えて混ぜます。もう1種類はきくらげを加えて混ぜます。それぞれ3~4等分にして丸く平たい形に整えます。きくらげ入りの方に白ごまを片面だけ軽く押しつけてまぶします。

④油を熱したフライパンで焼きます。きくらげ入りはごまがついている面から焼きましょう。

表面がカリっとするまで弱火で片面8分間ほど焼きます。裏返して弱火で6分間ほどやきます。

⑤最後にお好みでごま油をまわしかけてカリッとなれば完成です。

☆好みで豆板醤・ラー油・酢・しょう油をつけてお召し上がりください。

最後に

きのこの出汁とうまみがでて最後のしめまでおいしくいただきたいお鍋ですね。調味料をいれて煮込むだけで完成します。すぐ火が通る食材しかないので簡単にすぐできそうでいいですよね。

栗原はるみ haru_mi 2017年 01 月号 [雑誌]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする