林修の初耳学 焼くと効果が9倍になるリンゴダイエットの方法&焼くと美肌になれる食材って?

スポンサーリンク

2017年2月12日の林修の初耳学ではリンゴダイエットについて放送されました。リンゴにあることをするだけでダイエットの効果が9倍にまでふくれあがるんだそうです。

それが焼くことです。焼くだけで簡単にダイエット食材になってくれます。それはなぜなのか?リンゴダイエットの食べ方のコツと他にも焼くと効果のある果物とは?

スポンサーリンク

リンゴを焼くとなぜ効果が9倍に?

リンゴダイエットをする時に効果を発揮する方法がリンゴを焼くことなんだとか。焼くだけでその効果が9倍にまで膨れ上がります。

なぜ、そのようなことになるかというとリンゴに含まれるペクチンという成分が関係しています。

ペクチンは肥満の原因でもある悪玉コレステロールの体外排出を促進する働きがあります。これは整腸作用を高めて便秘解消にも効果的なんだとか。

このペクチンは生のままでも含まれているのでそのまま食べても効果があります。

ところが加熱することでこのペクチンが6~9倍に増えることが分かっているんです。

リンゴの皮にはペクチンになる前のプロトペクチンが含まれています。これに100℃以上の熱を加えるとプロトペクチンはペクチンに変化するというわけなのでダイエット中ならぜひ焼いて食べたいですよね。

焼きリンゴダイエットのやり方

①食べやすい大きさにリンゴを切り、種を取り除きます。

皮はむかずに100℃以上で5分間加熱します。レンジの場合600W5分。

丸ごと食べるのがおすすめです!
【送料無料】青森 りんご (訳あり) サンふじ 10キロ箱 

焼くとダイエットや美肌になる果物

バナナ

バナナも焼くとダイエット効果があがります。バナナにはオリゴ糖が含まれています。このオリゴ糖がビフィズス菌の餌となり腸内環境を整え腸の働きを活性化してくれます。

体内の老廃物や宿便、コレステロールを排出してくれるためダイエット効果があがります。

トマト

トマトを焼くと美肌効果があがります。トマトに含まれるリコピンは肌のシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

さらに老化の原因となる「活性酸素」を破壊し体外に排出する役割もあります。

加熱すると吸収されるリコピンが3倍になります。

加熱したトマトはオリーブオイルなどの油と一緒に食べるのがオススメです。リコピンの体内への吸収率がアップするのでより美肌効果が期待できますよ。

最後に

焼くと効果が最大9倍になるのだから驚きです。レンジで加熱すればいいだけなので簡単ですよね。それに加熱した方がアップルパイのような甘みになるので、ダイエットしながらでもおいしいスイーツになりますね。

白澤卓二教授の朝りんごダイエット (マキノ出版ムック)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする