ヒルナンデス!小久保英里子の賃貸のキッチン扉にベニヤ板を貼ってフレンチカフェ風にリメイクする方法

スポンサーリンク

2017年2月21日のヒルナンデス!ではフレンチカフェ風に家をリメイクした小久保英里子さんの自宅を紹介。

賃貸なのにベニヤ板をキッチン扉に貼りつけていました!ボンドと両面テープしか使わないのでまったく経験のない私でも簡単にできそうな技が満載でした!

そんな原状復帰ができるキッチン扉のDIYのやり方を紹介します。

スポンサーリンク

キッチン扉をフレンチカフェ風にリメイク

用意するもの

  • マスキングテープ
  • 白い壁紙
  • ベニヤ板
  • ダイソー工作材料 角棒
  • 白と黒のペンキ
  • 取っ手

①マスキングテープを貼る

賃貸でも原状復帰できるようにキッチンのシンク下の扉にマスキングテープを貼りましょう。扉を囲うように縁にそって貼ります。
壁紙用マスキングテープ 和紙粘着テープ[幅5cm×長さ18m]

②白い壁紙を貼る

両面テープを使い、白い壁紙を扉全体に貼ります。

フレッシュな『白い壁紙』 【10m以上送料無料】

③ベニヤ板を貼る

扉の周囲を囲うベニヤと中央に貼りつける短めのベニヤの2種類用意します。

ベニヤ板の裏に木工用ボンドを塗り、まずは扉の周囲に囲うよう貼りましょう。

次に少し短めのベニヤ板を扉の中心部分に7枚縦に貼りつけます。

ダイソーの工作材料 角棒にもボンドを塗り、外側のベニヤ板に沿うように貼ります。内側のベニヤ板にも同じく沿うように貼りつけます。

ペンキを塗る

白に少量の黒をまぜ薄いねずみ色にします。(色が少し入ったくらいの薄い色)このペンキをベニヤ板と白い壁紙に塗ります。

最後にかざりとして自分の好みの取っ手を瞬間接着剤でつけたら完成です。

*接着剤よりもともとついていた取っ手のボルトの穴にあったものを購入し、ねじ止めするほうが耐久性はいいかもしれませんね。金属の取っ手だと接着剤ではすぐにとれてしまいそうですから

小久保英里子さんの自宅はこちらのカフェみたいな暮らしを楽しむ本でも紹介されているそうです。プチプラDIY術、もっと知りたい!という方は参考にしてみてください。

カフェみたいな暮らしを楽しむ本 収納編 (Gakken Interior Mook)

最後に

賃貸住まいの小久保さんのリメイクは原状復帰できるアイデアが参考になりますね。賃貸でもあんなにかわいくできるのがすごい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする