林修の今でしょ講座 中村奈津子の絶対破れない餃子の焼き方のコツ!

スポンサーリンク

2017年2月21日の林修の今でしょ講座では、中村奈津子さんが絶対失敗しない餃子の焼き方を紹介。

皮も破れず、もっちりでジューシーでパリッとしたおいしい焼き方のコツとは?

スポンサーリンク

失敗なしの餃子の焼き方

押し付けるように置く

フライパンに少量の油をひき、弱火でよく熱します。そして、餃子を置きます。

正しい餃子の置き方押し付けるように置くことです。ぎゅっと手でフライパンにおしつけるようにしましょう。

ギュウギュウに並べる

正しい餃子の並べ方は、ギュウギュウに詰めることです。ギュウギュウにつめないと餃子は転がります。転がると破れる危険もUPして失敗する可能性が高まります。

餃子はギュウギュウに詰めましょう。

あとは、中火にして裏がきつね色になるまで焼きます。(2~3分)

底が透明に透けるぐらいでOKです。

餃子半分のお湯を入れる

餃子には水ではなくお湯をいれます。そして、もっちりカリッとした餃子を焼きたいのならお湯の量も重要!少量では焦げやすいのでアウトです。

お湯の量は餃子が半分浸かるくらいがベスト!鍋肌から入れましょう。

お湯を入れすぎると皮が開いてしまうので注意!

ある程度のお湯があることで餃子のモチモチ感がでます。

フタをして、中火で6~7分蒸しましょう。

蒸し終わったらフタをとり、お湯が蒸発しきるまで待ちましょう。この間、餃子には絶対さわらないこと!

チリチリ音が仕上がりの合図

餃子を焼いている音がジュージューという音からチリチリという音になったら仕上がりの合図です。

餃子の音を聞いていると音が変わることがわかるはずです。チリチリという音に変わったらフライパンを揺すってみましょう。

チリチリ音になるとフライパンを揺するだけで餃子が底から外れます丸くまわしながら揺すります。

最後に鍋肌からごま油を入れます。カリッと焼けたら完成です。

ミックスサラダ

一生作り続けたいおかず: 50年の名門料理教室のベストレシピ150

最後に

ギュウギュウに並べる、お湯の量、仕上がりの音をきく!これらをふまえると餃子もおいしくやけるそう。今度焼く時は参考にしよう^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする