林修の今でしょ講座 初心者でも簡単!中村奈津子のふわとろオムライスの包み方!もう失敗しません

スポンサーリンク

2017年2月21日の林修の今でしょ講座では、中村奈津子さんが誰でも上手に包めるオムライスの作り方を紹介。

上手においしいふわふわオムライス、このレシピを知っていれば料理上手に近づけるかも!

スポンサーリンク

失敗しないオムライスの包み方

チキンライスは三日月形に

チキンライスを用意します。このとき、三日月のような形になるようにお皿の中でかたどって準備しておきましょう。

溶き卵には生クリームを1割ほどいれて準備しておきます。(生クリームが入るとクリーミーにおいしくなります)

できあがった後にいれるお皿も出して、すべて準備万端にととのえておきます。

火加減は強火で

フライパンの火は強火です。バターが溶けたら溶き卵をいれます。

軽くかき混ぜ、半熟になったらチキンライスをいれます。

チキンライスは端っこにのせる!

オムライスで重要なのがここ!チキンライスは卵の端にのせましょう。真ん中ではありません。端っこにのせ、卵をまきます。

4秒でだす

チキンライスをのせたら手早く卵をまき、4秒でお皿に出してください!時間との勝負です。これができたらふわふわオムライスになります。

大切なのはスピードです。形は崩れてもいい!手早くお皿に盛ることでふわふわが食べられるんですね。

チキンライスに卵をかぶせて、お皿にひっくり返しましょう。手早く、そしてすぐに食べましょう。ほうっておくと余熱が入ってしまうので、できるだけ早く食べてくださいね。

おいしいチキンライス

お店のようなチキンライスにするポイントも紹介されました。

それがご飯を入れる前にケチャップを焼くように炒めることです。マイルドになり、酸味よりも甘みを感じやすくなります。これだけでおいしいチキンライスを作ることができます。

本当に作りたい料理、ぜんぶ。 50年続く銀座の人気料理教室の熱血レッスン (講談社のお料理BOOK)

最後に

卵を包むのが怖くてやってことがないのですが…挑戦してみたくなりました。お店のようなふわふわオムライスめざしてがんばりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする