世界一受けたい授業のお弁当お悩み解決法5つって?日野浩子先生が解説!

スポンサーリンク

2015年6月13日の世界一受けたい授業ではお弁当の悩みをランキングで紹介しながら日野浩子先生が解決法について解いていました。

栄養がかたよってしまったり、いつも同じようなメニューばかりになってしまったり…お弁当の悩みはみんな同じですね。

スポンサーリンク

「冷めると美味しくない」悩みには白滝!

a0001_015734
冷めるとおいしくない…そんなことも多々あるのがお弁当の難しいところです。

スパゲッティをお弁当にいれるという方も多いと思いますが、くっついたりボソボソとしますよね。

番組ではこの麺を白滝に変えるという方法を紹介していました。白滝にすることで冷めても伸びたりくっついたりせず、おいしく食べられます。

タラコ白滝スパゲッティ

①食べやすい大きさに白滝を切ります。水気をしっかりときっておきましょう。

②ほぐしたタラコ・酒・しょう油を混ぜます。

③水分が飛ぶまでしっかりと炒めたら、②のタラコを加えます。

④タラコに火が通ったらごま油を入れて完成です。

白滝をパスタとして使うといえば、イタリアでは「ゼンパスタ」として白滝パスタが流行しているそうです。

よければこちらの記事も参考にどうぞ→ゼンパスタとはしらたきのこと?イタリア流レシピはカルボナーラしらたき!?

「栄養バランスが偏る」のでカルシウムたっぷりな卵焼きを!

毎度おなじようなメニューになりがちなお弁当…栄養バランスも気になるところです。

とくにカルシウムは不足しがちというところに着目し、お弁当の定番の卵焼きでそんな悩みを解決しましょう。

梅入り卵焼き

①小松菜を粗いみじん切りにします。

②卵に小松菜、ちりめんじゃこ…そして梅干しを切ったものを入れ混ぜ、焼きます。

梅干しのクエン酸にはカルシウムの吸収率を高める効果があります。

小松菜・ちりめんじゃこにはカルシウムが豊富です。なのでこういったカルシウムが多い食材と梅干しの組み合わせがいいそうです。

「彩りが悪く地味」なのでおにぎらずが大活躍!

私もお弁当を作るといつも茶色っぽいものになります。

彩りのあるものではなく、なぜかかわいげの欠けらもない茶色に…

そんな悩みの解決には今人気の「おにぎらず」です。

握らなくていい新しいおにぎりです。これさえお弁当にいれておけば彩りも抜群によくなりますし、食材を工夫すれば栄養もとれます。

大葉+おかか+チーズをおにぎらずにいれてみたり、揚げ物や好きなものを色々といれることができ彩りよくそして食べやすいのがいいですよね。

それにご飯なのでサンドイッチよりも満腹度が高そうですし簡単に作れるのも魅力です。

おにぎらず

①海苔の中心にご飯を薄くのせます。

②その上に好きな具材をいれます。たとえば卵焼きにウインナーなど。

③さらにその上にご飯をのせ、海苔のよすみを中心に折りたためば完成です。

しばらくおけば海苔とご飯が馴染んで食べやすくなります。

具材は何でもいいのでアレンジが幅広く、本も色々でています。彩りがきれいでどれもおいしそうです!

おにぎらず

おべんとうに大活躍! おにぎらずとおにぎりの本 (ei cooking)

クックパッド みんなのおにぎらず (主婦の友生活シリーズ)

おにぎらずとはまた違う方法もありました。

それが焼きおにぎりを器にみたて、中におかずをいろいろ入れるというものです。

食べる器 美味しいCUP (簡単 焼きおにぎりのカップが作れる! ) A-76332

こちらですよね。

容器の中にアルミ箔を入れ、ご飯をつめ、型をとり、トースターで焼くと焼きおにぎりに!

その中に色々具材を入れられるのでこれも彩り+栄養満点のお弁当になります。

卵をいれたりお肉をいれたりポテトサラダなどなどこちらもなんでもありです。

「傷まないか心配」茹でるより揚げれば安心!

お弁当で最も心配なことが傷まないかということです。

そこで紹介していたのがブロッコリーのフリッターでした。

茹でただけのブロッコリーだと傷むこともありますが、揚げたものだと安心ですよね。

ブロッコリーのフリッター

①食べやすい大きさにブロッコリーを切ります。

②塩コショウ、水、小麦粉、片栗粉、粉チーズそれからカレー粉で衣を作り、揚げれば完成です。

これなら傷みませんし、カレー味で食べやすいですよね。

ブロッコリーの苦手な子でも食べられそうです。私も苦手であまり食べないのですが…ちょっとこれいいかもしれません。

冷めたときのことを考えてあまり濃くしない味付けにしましょう。

「いつも同じおかず」には変わり種カツを!

毎回のメニューが同じで、子供に飽きさせていませんか?私の子供のころはそうでした。

イベントごとのお弁当、メニューがいつも同じなのでわくわく感がありませんでした…

いつも同じになるのがお悩み1位でしたから一番の悩みのタネではありますよね。

そこで紹介していたのがなんと漬物を揚げるというものでした!

豚肉の漬物カツ

①豚の薄切り肉で漬物をまきます。

②衣をつけ油で揚げます。

しば漬けや高菜、たくあんなど種類をかえればバリエーション豊富ですし、なによりソースいらずがお弁当にもってこいです。

いつもと違う変わり種おかずになりますね。

ローラさんもたくあんを食べ、今までの中で一番おいしいと発言されていましたし、中々きになるメニューですね。

最後に

お弁当の悩みはママの最大の悩みかもしれません。

普段の食事に朝のお弁当…食事の準備に追われるママたちは冷凍食品にたよることも多いと思います。

けれど、1品だけ手を入れたこういったおかずたちを入れてみるのもいいかもしれませんよね。子供もよろこび、栄養もとれますから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする