中居正広のミになる図書館、日焼け対策しすぎるとガンになる!?SPFの違い、日焼け止めの選び方とは?

スポンサーリンク

2015年6月15日放送の中居正広のミになる図書館でやっていた日焼け対策、日に当たらないとガンになるリスクもともなうらしいです。

田中みな実さんの完全防備な日焼け対策、日焼け止めもSPF90をつかっているんだとか。でも日本人にはそんな高いものはいらないということでした。

では、日本人に的確な日焼け止めと対策って?

スポンサーリンク

なぜガンになる?日に当たらないのも問題?

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

皮膚がんの予防に日焼け対策は重要です。

しかし、その他の大腸がん、乳がん、前立腺がん、子宮がんなどなどその他のガンになるリスクが高まってしまいます。

これは極端にビタミンDが不足してしまうことによります。

日光にまったく浴びていないということが問題ということです。

田中みな実さんは日焼け止めを朝からしっかりと塗り、帽子に日傘、全身しっかりと日に当たらないように心がけ、日陰からもでないようにしているそうです。

そういったようになにが何でも日に当たらない生活をしているとビタミンDが不足してしまいます。

ビタミンDの作り方

どうしても焼けたくないという方の場合、1日のうちに15分でいいので日光を浴びましょう。

手の甲でいいんです。

手の甲を15分だけ日に浴びさせるだけでビタミンDを取り入れることができます。

まったく日に浴びない生活をしている方、少しだけは日に浴びるようにしてみましょう。

ちなみにアラブの女性は1年中黒いベールで全身を覆う恰好をしていますが、その影響でビタミンDは不足しています。

なので彼女たちは骨軟化症や骨粗しょう症になる方もよくいるそうです。こういった症状もあるので日に当たることは重要ですよ。

SPFが高ければいい…というわけでもない?

よく日焼け止めにはSPF30や50など表記されていますよね。

高ければいいというイメージがありますが、そういうわけでもありません。

自分の生活習慣や肌質で的確なものを判断し、使うようにしましょう。

SPFとは?

紫外線から肌を守る効果を表す指数のことをさします。

肌が紫外線によるダメージの時間をどれだけ引き延ばせるかということですよね。

日本人の場合は、一般的に15分~20分位で日焼けをし始めます。

SPF30→日焼けが始まる時間は20分×30…持続時間は約10時間です。

SPF50→16時間持続

SPF90→30時間持続

というようになっています。

田中みな実さんは海外から取り寄せたSPF90を使っていましたが、1日をかるくこえる持続時間はオーバーすぎますよね。

なので自分の生活にあったものを選べばいいんです。

そして、なにより日焼け止めは肌に影響も与えています。

日焼け止めには日光からまもってくれる吸収剤などの成分がはいっています。

しかし、SPF50をすぎたものは逆にその成分が肌の負担になってしまいまうんだそうです。

なので過剰なものを塗ることは避けた方がよさそうですよね。

的確なSPFの使い分け方

炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツなど……SPF30~50

屋外での軽いスポーツやレジャー……SPF15~30

日常生活(散歩、買い物など)……SPF5~15

*アレルギーや皮膚疾患など心配事のある方は医師と相談のもと使用しましょう

よっぽどのことがない限り15ほどで十分そうですよね。

数値が高くなるほど値段も上がってきますし、無理に高いものを買うこともないみたいです。

日傘は白より黒がいい!

日傘の色って白がいいのか、黒がいいのか悩みますよね。

田中みなみさんは白を使っていました。

が!白は日差しを通すのでNGだったようです!

正解は黒い日傘でした。

黒は日差しを吸収します。吸収してくれるからこそ、肌には到達しません。

傘は白より黒色です!

今回、日比谷佐和子先生が色々と紹介してくれました。

この先生、以前にも別の番組で紫外線による対策も紹介していましたのでよければこちらも参考にどうぞ→林修の今でしょ講座、老化の8割の原因が紫外線!?名医から学ぶ紫外線対策はダイエットにもなった!

最後に

これからの時期、日焼けは気になりますよね。

ママさんたちは自分以外にも子供の日焼けも気になるところだと思います。

家族のためにも適切な日焼け止め選びと、過剰な日焼け対策も気をつけていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする