あさイチ!簡単梅干し作り!梅酢の活用!幻の調味料「煎り酒」は醤油代わりになる??

スポンサーリンク

2015年6月29日のあさイチでは梅の特集をしていました。

簡単に手作りの梅干しを作る方法や、その時にでたエキス「梅酢」の活用方法、しょうゆのかわりになるという「煎り酒」の作り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

簡単梅干しづくりはジッパー袋で!

d244868ffac226e5f3a223f6fa3afa1c_s

◆材料◆

熟した梅 1kg
あら塩 180g
焼酎 50ml

◆作り方◆

①梅に傷をつけないようやさしく水洗いをします。

②へたを竹串などで取り除きます。

③水をしっかりふき取ります。へたをとったくぼみも拭いてくださいね。水分がのこっているとカビの原因になってしまいます。

④梅に焼酎をなじませ、塩をふり、全体に行き渡らせます。

⑤ジッパー付きの保存袋に優しく入れます。

このとき、すべて入れてしまわずに少量ずつ、丁寧につめていきましょう。傷がつけばそれもカビの原因になるので優しく扱います。

最後に空気を抜き、袋を閉じます。

⑥冷暗所で保存します。1日に4~5回袋をひっくり返します。

表面がいつも濡れている状態をたもち、カビを防ぎます。

これで梅漬けは完成です。

あとは天日に3日3晩干せば梅干しになるのですが…

そんなことは非常に難しい…!

なので、瓶につめかえた梅漬けの蓋をはずします。…なんとこれでOKなんだとか!1週間~10日もするとおいしくなるそうですよ。

青森県産 青梅(豊後梅) SMサイズ混合 (約1kg)

ペットボトル型果実酒貯蔵びん ノッポさん 2L 788

梅酢が使える!色々アレンジレシピ!

梅干しをつけたらエキスがでてきます。これを捨てる方も多いとおもうのですが、これ、使えるそうですよ!

夏にはもってこいの疲労回復効果ばつぐんまずはジュース飲んでみませんか?

梅酢ドリンクレシピ

◆材料◆

梅酢 10ml
水 200ml
砂糖 適量

ただ混ぜるだけの梅酢ドリンク、夏バテ防止になりますし、熱中症対策にもいいそうです!

そして、せきがでるような時は濃いめにして飲むと治っちゃうんだそうな。。。

風邪気味なときにもいいですね!

梅酢のいろいろアレンジ方法

・魚の臭みとり

魚を焼く前に梅酢をすこしたらしてつけていると臭みとりになるそうです。塩焼きをしたようなおいしさなんだそうです。

・レバーの臭みとり

あの独特の臭みのあるレバーにも有効なんだとか!おどろくほど気にならなくなるそうですよ。私、レバーだけは臭みが嫌いで食べられないのですが、これならいけるのでしょうか…

・ドレッシングに

梅酢をそのままサラダにかけてドレッシングにも活用できます。

梅をそのまま食べたことと同じ効能のある梅酢、食べるのは苦手な方でもサラダにかけたり、ジュースだと飲めたりできそうですよね。

このお酢だけほしいですよね。

この時期だけスーパーでも売っているそうなので探せばめぐりあえるかもしれませんね。

ネットには?と思って調べたら、Amazonさん普通にうってました。

ちょっと気になっちゃいますね。梅酢。

海の精 紅玉梅酢 500ml

梅の調味料、しょうゆ代わりの「煎り酒」

梅干しで作る調味料、お刺身やお寿司につけてたべると素材の味がひきたち、おいしくたべられるそうです。

◆材料◆

白梅干し(塩分18%以上) 2コ
日本酒 2合
塩 10g
かつお節 10g

◆作り方◆

①日本酒と梅干しを強火にかけ、沸騰させます。炎があがるときもあるので注意してください。

酒の量が半分になるまで煮詰めます。

☆梅干しはつぶさないようにしましょう

②日本酒が半分になったら塩を入れ、2~3分煮ます。

③かつお節を入れ、ひと煮立ちしたらこします。

よく冷ましたら完成です!

保存期間は冷蔵庫で1週間です。しょうゆ代わりにつかってみるのもオシャレですよね。

おひたし、冷奴、お刺身など工夫して食べてみてください。

こした後のかつお節はごはんにかけて食べてもおいしいそうですよ。

塩分量がしょうゆの半分程度なのでヘルシーに食べられます。

お酒なのでちょっと大人な味なんでしょうか?しょうゆとは違う魚の味が引き立つ調味料、煎り酒…ちょっと作るのは面倒かも…という方はこちらも市販されているのもありますのでお試しあれ!

海の精 煎り酒 200ml

最後に

おばあちゃんの塩っ辛い梅干しも毎日食べていたら病みつきになった私です。

でも中々自分では漬けてみようとは思えないんですよね。大変そうで。

ジッパー保存で少量だけならできそうかもしれません。たぶん(笑)

やっぱり面倒くさがりには中々ハードルの高いものですね~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする