シュークリームがこぼれない!ゆで卵を4分でつくる!主婦のお困りにオクノテ5つ!

スポンサーリンク

2015年6月29日のオクノテ~あなたのせま過ぎるお困り、今すぐ解決!では色々ためになる知恵を紹介していました。

その中でも食べ物関連のものあつめて紹介します。

シュークリームがこぼれないオクノテ、レトルト食品の中身がきれいにとれる、錦糸卵をキレイにつくるオクノテとは!

意外と知らなかったこと、もりだくさんで中々ためになる番組でしたねー

スポンサーリンク

ちょっとした食べ物での困りごと5つ!

a0790_000046

シュークリームの中身がとびでない方法

クリームがたくさん入っているとぶちゅっと飛び出てくるシュークリーム…意外とめんどうなものです。

それが実は、シュークリームを逆さにするだけで解決します!?

上下をくるっと反対にかまえます。

食べます。

こぼれません。

知りませんでした。それだけでこぼれないなんて!

中の空洞の位置が問題で、普通に食べると下の部分にクリームがはいっているのでつぶれるとでてきてしまいます。

反対にむけるとその上側の空洞の部分に流れていくので外にはでてこないんだそうです。

シュークリームを食べるときはくるっと逆さにして食べてみましょう!

レトルト食品きれいにとるハサミの入れ方!

レトルトのパックは様々な商品がありますが、どれも中身をだすのが面倒ですよね。

中の具を全部だそうと躍起になると絶対手はよごれるし、洗い物も増えます。

そこがネックなレトルトですが、ハサミの入れ方で勝手に全部でてきてくれるそうです。

まず、普通に封をきり、お皿にいれます。

そして、封をきっていないお尻側の部分にハサミで切りこみを一か所いれます。

すると、空気が入り、自動的に残りの具がでてきます。

これでびっくりなほど具がすべて出てきてくれるようですね。

ホタテの代用品にエリンギ??

ほんの少し余ってしまったホタテ、料理に使うには少なすぎる、そういうときはエリンギで数をカバーできます。

◆作り方◆

①エリンギを輪切りにします。この時の大きさはホタテより5mmほど厚めにきります。

表面には格子状の切り込みを入れます。ホタテにも同様に切り込みをいれます。

②ニンニクを熱したフライパンに並べていきます。

③焼き色がついたらひっくり返します。

④バターを入れ全体になじませ、しょう油・みりんを入れ味をつけます。

するとホタテとの違いが全然わからなくなるそうです。

見た目にも味にも分からないとはちょっと本当なのか疑ってしまいますが!でもこれならホタテがなくても安価なエリンギさえあれば食べられますよね。

普通においしそうでしたしね。

そんなクックパッドレシピはこちら→エリンギのホタテ風!にんにくバター醤油焼き

さまざまメディアでとりあげられているようです。エリンギがある時にホタテが食べられます!

ゆで卵、火にかける時間が4分ですむ技!

ゆで卵は案外時間がとられるものです。コンロも1つふさがれて朝から中々作る気にはならないものです。

でもゆで卵、お弁当にいれてあげられれば子供もよろこぶ1品ですよね。

そんなゆで卵がコンロにかける時間が4分だけで、あとはほったらかしていればできてしまいます!

◆作り方◆

①フライパンに卵を並べ、コップ半分の水を加えます。フタをして強火にかけます。

②沸騰したら弱火にします。4分後に火を止めましょう。

③あとはコンロから外し、7分置けば完成です!

水が少ない分早く沸騰し、蒸気のおかげで2倍はやく加熱できるからなんだそうです。

これならほっとけばできていて楽ちんだし、ガス代の節約になりますね!これいい…

沸騰したらほったらかすだけ。時間の調節で好みの硬さにできますし。ゆで卵って意外と楽ちんだったんですね。

錦糸卵はレンジでチンすれば焦げない!

フライパンを使うと焦げるし、やぶけるしうまくいきませんよね。

きれいな錦糸卵をつくるには、レンジを使えば簡単です。

◆作り方◆

①丸いお皿にラップをびったりはります。

②溶いた卵に塩・みりん・酒で通常どおり味をつけます。

ここに加えるのが水溶き片栗粉!いれたらしっかりかき混ぜます。

③お皿に大さじ2杯の卵液をたらし、丸く広げます。

④電子レンジで40秒加熱すれば完成です。

片栗粉のおかげでキレイにはがれるそうです。

まるめて細くきれば錦糸卵です。油を使っていないのでヘルシーです。すぐできるのでお弁当にもいいですよね。

最後に

なるほどな~と勉強になりました。ちょっとしたことなんですけどね!

でもなぜか…「棒アイスの1口がこぼれる」というお困り、私の気のせいだったのかな…あの解決方法やってなかった気がしたんですけどなぜ。。。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする