この差ってなんですか?のプロの餃子の作り方と焼き方!ジューシーにするにはトマト!

スポンサーリンク

2015年7月12日放送のこの差ってなんですか?では主婦が作った料理とプロの料理の差についてやっていました。

今回はその中の餃子の作り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

プロは餃子をこうつくる!

a0002_012058

①ひき肉だけをこねる

まずは野菜をいれずにひき肉だけでねります。

☆キャベツなどの野菜とこねると水分がでてしまい、調味料をいれても味がしっかりつかないんだそうです。

ピンク色になるまでねってください!

それから、しょうが・塩・コショウ、しょう油・オイスターソースの調味料を加え、こねます。

②トマトをいれる

☆トマトの水分を肉に吸わせることでジューシーな餃子になるんだそうです!

トマトを細かくきざみ、ひき肉とまぜ、その後キャベツやネギを入れます。

とにかく、野菜は最後!ひき肉→調味料→野菜の順番を覚えておきましょう!

餃子の焼き方のプロ技

①お湯を入れて蒸す

☆水ではなくお湯です。水だと沸くまで時間がかかります。なのですぐ蒸した状態にできるお湯を使います。

5分ほど蓋をして蒸し焼きにします。

②最後にサラダ油でやく

蒸発した状態になったらサラダ油をいれて焼きます。

この時、ガス火だとムラができるので、均一に焼けるように動かしながら1分間焼き、完成です!

最後に

餃子にトマトは意外ですね。

ジューシーになるように水を少しいれて焼くことはありますが、トマトがその役割をはたしているんですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする