ヒルナンデス!いい八百屋とおいしい野菜の見分け方とは?大事なのは実よりヘタ!

スポンサーリンク

2015年5月11日放送のヒルナンデス!で野菜のおいしい見分け方が紹介されました。

知っているようでしらない新常識とは?ピーマンはヘタの角でみわける?バナナとキュウリは?

a0731_000663

スポンサーリンク

いい八百屋の見分け方「注文即日お届け」はダメ?

最近はネットで野菜注文ということは一般的になってきました。

さまざまなサイトがある中で注文即日お届けしますという売り文句のとこもあります。

が、これは要注意なんだとか。

これは事前に野菜を収穫して在庫保管しているから「即日配達」が可能ということです。

ということはですよ。

注文より前に収穫したものというわけなので鮮度は落ちてしまいますよね。

鮮度重視したい野菜の場合即日配達だと新鮮なものではないかもしれません。

時間がかかっても注文後収穫し、新鮮な野菜を手に入れる方が長持ちする方がいいですよね。

今回、オイシックスというネット通販を紹介していましたが、こちらでは注文後収穫しています。

お届けまで最短3日だそうですが、鮮度のいい状態で配達してくれます。

子供や家族に美味しくて安全な野菜を食べさせたいと主婦たちに人気のオイシックス、お試しセットもあるそうなのでよかったらのぞいてみてはいかがでしょう。

最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!



キュウリはトゲトゲよりも硬さでおいしさがわかる?

キュウリの見分け方はトゲトゲがあるものを選ぶというのがよく言われます。

ですが、スーパーでさわってもトゲトゲなんてしてませんよね。

あれは運搬途中でトゲはとれてしまうからです。だったら見分けられないじゃん。と私はいつも思っていました。。。

ですがそのほかにも見分ける方法はありました!

キュウリはヘタの下が硬いものを選ぶ!

キュウリを選ぶさいはヘタの下が硬いかさわってみてください。

水分をたくさん含んでいるということで硬くなっているんだとか。

これはパリッとした食感のおいしいキュウリの証拠です。

今はキュウリも安くなってきて買う機会も増えてきましたからね。ヘタの下を注意して買えれば美味しいものに出会えるはずです!

ちなみに、曲がったキュウリもありますが、鮮度に違いはありません。まっすぐでも曲がっていても変わらず鮮度のよいものは美味しいです。

ピーマンを選ぶときはヘタの角の多さを見る!?

ハリやツヤがいいものが新鮮らしいのですが、素人目にそんな違いは分かりませんよね。

私たちでも分かりやすいいい方法がありました。

ピーマンのヘタの角が6角形かを見る

ヘタの角の数が多いほど苦みが少ないそうです。

角が多くてまるみがある方が甘味が強い…なぜかはよくは分かりませんが、そういうことなんだそうな。

今まで大きいものや形のいいものを選んでいましたが、これでピーマンの見方もかわりそうです。

バナナの見分け方はヘタが長いより短い方を選ぶ!

バナナはいわゆる茶色い斑点、シュガースポットがある方が甘味がつよいといわれます。

ですがそれは食べごろかどうかの目安ですよね。

購入時に見分けるにはどうすればいいのでしょうか。

バナナはヘタが短くて太いものがいい!

むきやすいからといってヘタが長いものを選んでいませんか?むしろ逆のようですね。

短くて太いものの方が美味しい、ヘタを通して栄養がはこばれるからなんだそうです。

なのでヘタが重要なんですね。

バナナの他にもリンゴ・桃・梨などの木になる果物にもこの見分け方が使えます。



最後に

どの野菜や果物もすべてヘタを見て、見分けていましたね。

重要なのは実の色や形ではなく小さなヘタを見ることで美味しさがわかるなんて不思議です。

これから野菜を買うときにはヘタに注目して購入してみると美味しいものが選べ、長持ちもしてくれることでしょうね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする