【ゲンキの時間】ぶ~んと蚊が寄ってくる原因は二酸化炭素と黒い服!子供とバーベキューはかなり危険?

スポンサーリンク

2015年7月26日の三宅健さんの番組、ゲンキの時間では蚊に刺されやすい人について特集していました。

今年も気になるデング熱、蚊をよせつけないのが一番ですよね。

蚊よけのスプレーやグッズを駆使してもやっぱり不安…実は服の色の選択でも対策できるんです。

蚊が好きな色と匂いとは?

スポンサーリンク

蚊が好むのは黒!低い位置!二酸化炭素!?

a0002_011970

蚊が寄ってきやすい色は濃い色だった

イメージでは黄色とか蛍光色は危険そうなイメージですが、そういうわけでもないようです。

蚊がよってくる色は黒色!

もしくは濃い色による傾向があります。

これはなぜかというと、蚊が見えている世界は白黒です。

私たちのようにカラーには見えていません。なので黒や濃い赤、濃い緑などは黒っぽく、黄色や薄いピンク、白などは白っぽい景色になります。

というわけで濃い色の服に蚊は寄っていきやすいんだそうです。

濃ければ濃いほど寄ってきやすい、ということは紫外線除けには黒だけど、蚊に狙われやすいんですね…

蚊よけ対策としては白っぽい服装にしましょう。

黄色やピンクなどもOK、モノクロ写真に写したら白っぽい色になるものと考えればわかりやすいかも?

蚊は足ばかり狙う?低い位置と足のニオイによっていた

噛まれるとしたら足ばかりではないですか?

くるぶしや足の甲など、蚊に噛まれやすい位置です。

それは低い位置を蚊は飛んでいるからだといいます。風の抵抗を受けにくくするためだそうです。

ということは、子供はとくに噛まれやすいということでしょうか。

歩く子供、ベビーカーの中、きちんと対策していかないといけませんね。

そして、もう一つの理由が足のニオイが好きみたいです。なんだか嫌ですよね。

足からはイソ吉草酸という成分がでています。これが蚊の好きなニオイです。

足が臭くなる夕方によく噛まれるのはこれも原因の一つでしょうか?

血液型でよりやすい!…ということはない!?

O型は蚊にかまれる、B型がかまれる…なんてことよくいいます。

ですが、それはあまり考えられないそうです。

血液型により蚊の寄りやすさというものはないといいます。

二酸化炭素に蚊はよってくる!!

蚊が好きなものは実は二酸化炭素でした。

寝ている間にぶ~んと蚊が近くにいる気配がする!なんてことありませんか?

それは寝息に含まれる二酸化炭素が原因だったようです。

お酒には二酸化炭素が含まれます。それを飲むことで代謝があがり、汗をかくことでまた二酸化炭素が生まれます。

なのでお酒を飲むと蚊がよってきます。

というわけで、バーベキューはかなり危険要素たっぷりですね。

ビールの二酸化炭素+吐く息の二酸化炭素+炭の二酸化炭素、蚊の鉱物だらけです!

そこに子供をつれてということは蚊の対策をきちんとしなければかなり危険かもしれません。

スプレーをかならずつける、グッズで対策万全にして、薄い色の服でのぞみましょう!

送料無料 【 虫コマシール 18枚入り 5セット 】

最後に

心配すぎて蚊よけ対策ばかりママとしてはしてしまいがちになりません?

不安ばかりで外に遊びに行きづらいなんていわず、過剰になりすぎず、対策をきちんとしていれば怖くない!楽しく家族で遊びにでかけましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする