ナイナイアンサー、ばぁばのレシピ!直火のようなさんまの焼き方・ほうれん草のおひたし・豆腐の味噌汁は豆腐を炒める!?

スポンサーリンク

2015年9月29日の解決!ナイナイアンサーで”ばぁば”こと90歳の料理研究家、鈴木登紀子先生がさんまの塩焼きをグリルで美味しく焼く方法を紹介されていました。

それもまるで直火で焼いたようなパリパリふっくらな仕上がりになるそうです!

他にもほうれん草のおひたし、豆腐の味噌汁もおいしそうでした!

やはり日本人は和食がいちばんですね~おいしそう^^

スポンサーリンク

まるで直火!グリルで焼くさんまの上手な焼き方!

9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_s

◆材料◆

さんま 1匹
粗塩 5g
サラダ油 適量
大根おろし 適量
カボス 2分の1個

◆作り方◆

①鍋で粗塩を炒めます。水分がとびサラサラになり魚とよく馴染むそうです。

②さんまを冷水でしめ、水分をふきとります。

③塩を高い所からふりかけ、10分置きます。

④グリルに水を入れ、事前に加熱しておきます。

⑤網にサラダ油をぬり、さんまを焼きます。両面をそれぞれ強火で5分ずつ焼いて完成です!

さんまの見分け方

さんまの見分け方もやっていましたね。

選ぶ際の参考にしてみてください。

☆背中がふっくらしている

☆腹が銀色

☆口が黄色

この3つがそろった特徴のあるさんまを見つけられたら、最高だそうです^^

料亭級?おいしいほうれん草のおひたしの作り方

◆材料◆

ほうれん草
かつおだし 1.5カップ
酒 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ3
塩 少々

◆作り方◆

①沸騰した鍋にほうれん草を2束ずつ入れ、15秒でだし、水をはったボールに入れ冷やします。

②かつおだし、酒、薄口しょうゆ、塩で割りじょうゆを作ります。①のほうれん草を浸し、冷蔵庫で冷やして完成です!

マンネリ解消!ばぁばの豆腐の味噌汁の作り方

◆材料◆

木綿豆腐 1丁
ごま油 大さじ1
かつおだし 4カップ
味噌 65g
長ネギ 少々
七味唐辛子 少々

◆作り方◆

①木綿豆腐をタオルでつつみ上から押して水分を抜きます。厚さが3分の1ほどになればOK

②鍋にごま油を入れ熱し、豆腐を崩しながら入れて炒めます。

③先にお椀に炒めた豆腐を盛りつけ、刻んだ長ネギを乗せます。

④温めたダシに味噌をとかし、お椀によそいます。七味をかけて完成です!

最後に

さんまもおひたしも味噌汁も和食の定番ですよね。

これらが美味しく上手に作れれば立派ですけど案外難しいものたちです。

ばぁばの作り方を学んで和食上手な日本人のお母さん…目指したいものです^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする