この差ってなんですか?プロのおにぎり&サンドイッチの作り方とは!べちゃつかない、食べこぼれない技!

スポンサーリンク

2015年10月4日のこの差ってなんですか?ではプロと主婦の料理の差ということで今回はおにぎりとサンドイッチの作り方の紹介です。

時間がたってもべちゃついたおにぎりにはなりません。

ごはんもふっくらとしています。

サンドイッチのたまご、食べこぼすこともなくなるかもしれませんよ。

運動会時期の秋、ぜひマネしてみたいこの2つ、いったいプロの技とはどのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

プロのツナマヨおにぎりの作り方!べちゃつかない!ふわっとしたおにぎりになる!

a0002_004760

◆作り方◆

①お米を炊く時の水は1割ほど少なくします。

②ツナを布巾につつんで固くしぼります。油と水分が完全になくなるようにしっかりとしぼりましょう。

☆ベチャベチャおにぎりにならないためにはしっかりしぼるのが重要です。

③マヨネーズをたっぷり入れます。ここにワサビを風味づけにいれて具材の完成です。

④ごはんをバットに移し、うちわであおいで余分な水分を飛ばします。人肌くらい冷めればOK

⑤片手の指先に水をとり、手のひらでのばします。塩は2本の指先につくくらいが目安です。

⑥ごはんの量は茶碗半分の量の100gあたりです。

これを強く握らず、軽く転がすように形をととのえる程度にふわっと握ります。このとき無駄な力の入らない丸型ににぎります。

まず、手をおにぎりの形にします。

その中で3回ほど軽くにぎり、ひっくり返して3回ほど、これでOKです。

⑦完全に冷めてからラップで包み、完成です!

とにかく強くにぎらず優しく握ることが大事なようですね。

たまごサンドイッチのプロの作り方!食べこぼさない盛り方とは?

◆作り方◆

①ゆでたまごをタマゴスライサーで均一にカットします。

塩・コショウ、マヨネーズを加えます。マヨネーズは多くいれすぎないように!

たまごを崩さないようにさっくりと和えます。

②サンドイッチ用のパンに卵をのせます。

この時パンの中心をこんもりと盛ります。こうすると食べるときにこぼれません!

☆バター類はつけません。卵にマヨネーズが入っているため、味を損なわないように塗らないそうです。

③できあがったサンドイッチを2つほど重ね、包丁で切ります。

包丁を斜めにあてて切り込みをいれ、のこぎりのように引くように切ると上手に切ることができます。

④形が崩れないようにラップに包んで完成です!

最後に

おにぎりもサンドイッチもちょっとした工夫でおいしさが増すんですね。

でもしっかりと握らないとおにぎりは形が崩れてくるのでそこは難しいところです…ラップがあるから大丈夫かな?

サンドイッチの具の入れ方はなるほどな、と思いました。食べこぼさない工夫も確かに必要ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする