お酢で高血圧&冬太りの防止になる!健康フルーツ酢と黒糖バナナ酢のレシピ!サタデープラス 

スポンサーリンク

2015年10月31日のサタデープラスでは若返りがテーマでした。

そして注目すべきが「酢」です。

お酢には血圧を抑えてくれる働きがあったり、冬太りにもいい効果があるんだそう!

飲むだけで内臓脂肪が減ってくるかも…?しれません。

フルーツ酢さえ作っておけばおいしくお酢が取り入れられます。お酢が苦手でも飲みやすいそうですよ。

スポンサーリンク

お酢で若返り?知っておきたい健康効果!

お酢は健康にいいというイメージはありますが、具体的にどういいでしょう?

まず、一つ目は血圧上昇を抑えてくれる働きがあります。

なので高血圧にお悩みの方はぜひぜひお酢を積極的にとりましょう。

お酢を飲むだけでおよそ6.5%ほど血圧が抑えられたという実験結果もあります。

もう一つは内臓脂肪を減少させる効果が期待できます!

これは気になる方も多いはず…私がそうなだけですけど^^;

これもある実験で毎日大さじ1杯分のお酢を3ヵ月とりつづけた方々が内臓脂肪、皮下脂肪がそれぞれ約5%減少したそうです。

脂肪減少だけでなく、コレステロールの中性脂肪の値を低くしてくれる効果もあります。

お酢はとりつづけることでダイエットにもつながる…かも、しれませんね。

おいしくお酢を食べるにはフルーツ酢を作ろう!

a1370_000428

お酢って苦手な方、いますよね?

子供や旦那がお酢料理食べない…とお悩みのママでもこのフルーツ酢なら家族も満足してくれるかもしれません。

フルーツ酢の作り方

◆材料◆

穀物酢 200ml
ハチミツ 200g
好きなフルーツ 100g

◆作り方◆

①お酢とハチミツをビンに入れ、しっかりかき混ぜます。

②フルーツをカットします。リンゴやオレンジ、バナナなどの大きい果物は小さくカットします。ブルーベリーやイチゴなどの小さいものはそのままでOKです。

リンゴは皮つきのままカットしていました。

☆お酢:ハチミツ:フルーツの割合を2:2:1にすればOK

③お酢を入れたビンにフルーツを入れフタをして冷蔵庫で約1週間寝かします。

その間1日1回ビンを振ってよく混ぜます。

④1週間後、フルーツだけを取り出して完成です。

保存期間は1年です。1年以内に消費しましょう^^

フルーツ酢の飲み方

*リンゴ酢+炭酸*

できたフルーツ酢を炭酸で割ってのみましょう。

5倍以上で薄めた炭酸で飲んでみましょう。

番組ではリンゴでしたけど、他にも色々ためしてみたいですよね。

*イチゴ酢+牛乳*

イチゴをつけたフルーツ酢を牛乳で薄めて飲みます。

梅宮アンナさんも酸っぱくなくてすごく飲みやすいのおっしゃっていましたね。

フルーツ酢後の残った果物はヨーグルトと一緒に食べる

フルーツ酢で残った果物はヨーグルトと一緒に食べるとおいしいです。

しかもヨーグルトの乳酸菌と共に食べることにより整腸作用が促され、とても体にいいとか。

梅宮アンナのイチオシ!黒糖バナナ酢の作り方

◆材料◆

黒酢
バナナ
黒糖

◆作り方◆

①ビンに切ったバナナを入れます。黒糖をビンいっぱいに入れ、黒酢をそそぎます。

②冷蔵庫で1週間寝かせ、フルーツを取り除いて完成です!

豆乳割がおすすめだそうです。

フルーツ酢の健康効果

フルーツのビタミンCは熱を通していないのでお酢に守られ、分解することなく体にとけこんでくれます。

ビタミンCの栄養が効率よくいきわたるので肌もよくなり、コラーゲンの生成もアップするそうです!

とくにキウイはおすすめです。

お酢との相性がとても良く、ビタミンCを多く含む果物です。

ブルーベリーやイチゴはアントシアニンを多く含んでおり、老化を進める原因の一つである活性酸素を除去する働きがあります。

からだにやさしい果実酒&果実酢かんたんレシピ

最後に

お酢でダイエットになるとは…

ですがフルーツ酢は甘いので飲みすぎると太る心配もありそうですけどね^^

適度にですよ適度に。お酢の摂取する目安は1日大さじ1杯程度です。フルーツ酢でジュース作りも1日1杯飲めば十分そうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする