シューイチ!マジすかのパティシエ企画!ふわふわサクサクのアップルパイのレシピ!

スポンサーリンク

2015年11月1日のシューイチのマジすかのコーナーでは中丸くんのパティシエ企画が放送されていました。

今回のパティ丸はアップルパイ作りでしたね。

やはり冷凍パイとは段違い、ふくらみがすごい!アップルパイがふっくらふわふわサクサクと、とてもおいしそうでした。

お店に出せちゃうくらいおいしく上手にできた中丸くんのようなアップルパイ、マネしてみたいですね^^

スポンサーリンク

ふわふわサクサクのアップルパイの作り方

a0730_000043

パイ生地作りのベストな環境があります。

室温25度以下で湿度50%以下が理想だそうです。

バターが溶けないうちに作らなくてはいけませんからね。

なので今からの寒い時期はアップルパイを作るのにいい環境なんだそうです。

*パイ生地作り*

(22cm型)

◆材料◆

(粉生地)
薄力粉 200g
強力粉 30g
塩 2,5g
無塩バター 25g
冷水 120cc

(バター生地)
無塩バター 200g
強力粉 20g

◆作り方◆

①粉がメインの粉生地、バターメインのバター生地をそれぞれ材料をあわせ別々で捏ねます。

②粉生地を下にしき、バター生地をのせます。バター生地がはみ出ないように包みます。

③包んだ生地を麺棒で長方形にのばします。この時、力強く均一に伸ばすこと・バターを溶かさないように素早く行うことがポイントです。

④縦に伸ばした生地を三つ折りにします。そして向きを変えまた伸ばし、三つ折り…ということを3回行います。

冷蔵庫に寝かせたのちにまた同じように三つ折りを3回行い、生地作りは終了です。

*リンゴ煮*

◆材料◆

りんご(紅玉) 3個
砂糖 90g
レモン汁 小さじ2杯
シナモン 適量

◆作り方◆

①リンゴの皮をむき、大き目に切ります。

②鍋にリンゴと砂糖を入れ煮詰めます。5分ほど煮詰めて表面が透明になったらOK

③シナモンとレモン汁を加えて完成です。

紅玉だと酸味があるのでアップルパイにてきしているのでオススメです。

酸味が少ないリンゴを使用する場合にはレモン汁を多めにいれるといいそうです。

*成形*

①生地を半分に切ります。1つはパイ皿に合わせて丸くのばします。フォークで軽く穴をあけ、パイ皿にのせます。

②リンゴに3個分を敷きつめます。

③半分残していた生地は少しのばし、棒状に切り、パイにフタをするようにのせます。剥がれないようにフチをフォークで下の生地とくっつけます。

④卵を塗り、照りをだします。

⑤オーブンで180℃50分焼いて完成です。

最後に

番組ではびっくりするほど膨らんでいましたよね。

冷凍のパイ生地でつくってもあんなふうにはなりません、たまには本格的に生地作りからアップルパイ作ってみるのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする